津久井 桂

津久井 桂

図書館の主(漫画)の登場人物。読みは「つくい かつら」。御子柴貴生とは親族関係にある。

登場作品
図書館の主(漫画)
正式名称
津久井 桂
ふりがな
つくい かつら
関連商品
Amazon 楽天

概要

桐ヶ谷高校3年生で、児童文化研究会(「児文研」)としてタチアオイ児童図書館のクリスマス会にボランティアを行うためにやって来る。実は御子柴の妹で、御子柴と会うために一時的に児文研に入った。両親が離婚したときに別々に引き取られたために姓が違っている。

御子柴並みかそれ以上にスペックが高く、高校では生徒会長を務め、大学進学後は父の商社を継承するべく、秘書のようなことをしている。商社経営の継承を自分勝手に捨てて司書となった兄に、複雑な感情を抱いている。

関連人物・キャラクター

御子柴貴生

私立の児童書専門のタチアオイ児童図書館で、司書を務める青年。口は悪いが知識が非常に豊富で観察力に優れ、人を見てその人間にあった児童書を示すことができる。眼鏡をかけ、オトガイがとがっていて、いつも黒いエ... 関連ページ:御子柴貴生

登場作品

図書館の主

中小企業の課長で、すさんだ生活をしていた30代の男、宮本は、忘年会の帰りに、まだ照明が明るく点った私立のタチアオイ児童図書館に入り込んでしまう。そこで出会った口の悪い男、御子柴貴生と話をし、本の整理を... 関連ページ:図書館の主

SHARE
EC
Amazon
logo