津久井 淳二

津久井 淳二

響~小説家になる方法~(漫画)の作品登場人物。読みは「つくい じゅんじ」。

登場作品
響~小説家になる方法~(漫画)
正式名称
津久井 淳二
ふりがな
つくい じゅんじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

一ツ橋テレビ総合制作局アニメ制作部所属の男性プロデューサー。今はアニメ制作を生業としているが、3年前まではドラマ部に所属し、20%越えのヒット作品を連発していた局内の有名人。NF文庫新人賞大賞作品「漆黒のヴァンパイアと眠る月」を一ツ橋テレビとのコラボでアニメ化しようと企画した。やり手のプロデューサーで、「漆黒のヴァンパイアと眠る月」の著者が女子高校生である事を知り、アイドル作家として育てていこうと考えていた。

鮎喰響との初対面時、その確かな存在感に圧倒され、自分の求めていたスター性を見つけたとすら思った。多少強引な手を使ったが、未完の状態で送られてきた「漆黒のヴァンパイアと眠る月」を響に最後まで書かせる事を承諾させる。ドラマ制作局を離れ、アニメ制作部に移った彼の野望は、ゴールデンタイムにアニメ枠を作る事であったが、本人許可を得ずに響のドキュメンタリー特番を作ろうとした事により謹慎減給処分を受け、出世の道が絶たれる事となった。

登場作品

響~小説家になる方法~

天才的な小説の才能を持つが、非常識な性格の女子高生の鮎食響が、周囲の人々に大きな影響を与え、騒動を巻き起こす姿を描いた青春小説。 関連ページ:響~小説家になる方法~

SHARE
EC
Amazon
logo