津田 杉ノ坊 妙算

津田 杉ノ坊 妙算

センゴク 天正記(漫画)の登場人物。読みは「つだ すぎのぼう みょうさん」。別称、ソバカス。

登場作品
センゴク 天正記(漫画)
正式名称
津田 杉ノ坊 妙算
ふりがな
つだ すぎのぼう みょうさん
別称
ソバカス
関連商品
Amazon 楽天

概要

根来寺の僧坊の一つである杉の坊の有力者の息子、津田妙算をモデルにしている。千石家領内で盗みをしているところを仲間の裏切りで捕えられ、粗葉粕太郎(そばかすたろう)と名乗っていたところを仙石権兵衛秀久によって登用される。実は根来の津田照算の従弟で、鉄砲は雑賀孫市の弟子にして名手。

仙石の供回りとして一緒に行動する事が多い。ものぐさで色々文句を言うが、仙石を気に入っている模様。雑賀を攻める際に師と戦う事に悩み一旦行方をくらますが、秀吉を狙撃しようとしていた雑賀孫一の煙管を撃つ事でこれを阻止。軍忠状に記載されない功ではあるが、第一武功であると秀吉に認められる。

登場作品

センゴク 天正記

天正年間。「小谷城の戦い」における功績により千石を拝領した仙石秀久は、一介の兵から家臣団を率いる指揮官としての立場になっていた。武田家、一向宗による織田信長への包囲網は続いており、仙石秀久も羽柴秀吉子... 関連ページ:センゴク 天正記

SHARE
EC
Amazon
logo