深夜食堂

深夜食堂

新宿の路地裏にある深夜から早朝営業の食堂で、マスターから見た奇妙な客たちのエピソードが一話完結で描かれる。

正式名称
深夜食堂
作者
ジャンル
美食一般
レーベル
小学館
関連商品
Amazon 楽天

概要

新宿の路地裏にある「めしや」とだけ暖簾に書かれたその食堂は、深夜0時から朝7時のみ開店することから、常連客に「深夜食堂」と呼ばれている。メニューは豚汁定食と酒しかないが、マスターができる料理なら何でも作ってもらえる。そんな深夜食堂を舞台に、マスターと新宿の夜の住人たちの会話が様々なドラマを織り成していく。

登場人物・キャラクター

マスター

暖簾に「めしや」と書かれただけの食堂を経営する壮年の男性で、本名や経歴は不明。左目に切り傷の痕がある。客の求めに応じて「できる料理なら何でも作る」という営業方針で料理を出し、味の評判は「おいしい」や「まあまあ」が多い。客の話には多少口を出し、泣ける話には涙をこぼすこともある人情家。

剣崎 竜

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。地回りのヤクザ鬼島組の幹部。赤いウインナーが好物で、それをきっかけに深夜食堂の常連となる。元高校球児。職業上強面だが、怪談に弱い。

小村 徹五郎

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。新宿二丁目でゲイバー「☆小寿々」を営む。ゲイ歴、ゲイバー経営とも40年以上のベテラン。竜と仲が良い。

マリリン松嶋

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。新宿のストリッパー。売れっ子だが惚れっぽく、好きな男の影響を受けて嗜好がよく変わる。ストリッパーと名乗る事が憚られる場面ではダンサーと名乗っている。

まゆみちゃん

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。眼鏡をかけた、食いしんぼうの女性。しばしばダイエットに挑戦して一時的に痩せることはあるが、大抵はリバウンドして元の体型に戻る。きよみという姉がおり、やはり太っていて大食らいだが、既婚で子どももいる。

お茶漬けシスターズ

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。三十代の独身女性三人組で、深夜食堂でお茶漬けを食べながら愚痴をこぼす。お茶漬けは、ルミがたらこ、ミキがうめ、カナがしゃけを好むが、交換して食べたこともある。

ジュン

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。一見かなりの美女だが、実はゲイバーに勤務するニューハーフ。恋人の吉田と一緒に来て、並んで飲んでいる事が多い。

吉田

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。ジュンがニューハーフと知らず一目惚れしたが、カミングアウトを受けた後でも求愛し、交際を続けている。付き合いはじめの頃はジュンに毎晩求められ、やつれていた。ジュンと一緒に来店して飲むことが多い。

円昼師匠

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。ベテランの落語家だが、ギャラはマスター持ちで一席演じる事もある気さくな人物。一見の客の身の上話にも、しばしば遠慮ない物言いをする。

島ちゃん

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。元船乗りで常にボーダーシャツを着ているため「ボーダーの島ちゃん」と呼ばれることもある。強面だが涙もろい人情家。

エレクト大木

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。眼鏡で長髪の男性。伝説的カリスマAV男優だったが、後進の育成にシフトしている。弟子のボッキー田中と一緒に来ることが多い。顔のよく似た甥が東大に合格した。

忠さん

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。常に野球帽をかぶっている。50年以上も花園界隈におり、かなりの情報通。ストリップ観賞歴もほぼ同じで、見たストリッパーはメモを取って整理しているという。マリリン松嶋のファン。

笹原センセイ

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。太目の中年男性で、職業は医者。よく円昼師匠にからかわれる。竹の子族ブームの頃は「侠気乱舞のマサシ」と呼ばれる、アマチュアダンサーだった。

戸山正夫

『深夜食堂』の、比較的登場回が多い常連客。本業は料理評論家で、深夜食堂に初めて来た際は高級志向を隠さず、常連の反感を買う。しかし、妻が帰国子女のため家では米食ができず、深夜食堂にバターライスを食べに来る常連となる。

場所

めしや

『深夜食堂』の舞台となる食堂。新宿の花園界隈の、路地裏にあるとされている。屋号は不明で暖簾に「めしや」とだけ書いてあるが、深夜0時から朝7時まで開店していることから「深夜食堂」と常連には呼ばれている。... 関連ページ:めしや

SHARE
EC
Amazon
logo