渡辺裕三の母親

渡辺裕三の母親

特攻の島(漫画)の登場人物。読みは「わたなべゆうぞうのははおや」。渡辺裕三とは親族関係にある。

登場作品
特攻の島(漫画)
正式名称
渡辺裕三の母親
ふりがな
わたなべゆうぞうのははおや
関連商品
Amazon 楽天

概要

九州の炭鉱町で、夫、渡辺裕三の弟である久男、行男、史郎らと暮らす。家庭は貧しく、渡辺裕三の母親も残飯回収の仕事をしていた。1945年、B29の空襲で消息不明に。後に板倉少佐の調査で一家全員が死亡したと判明する。

関連人物・キャラクター

渡辺裕三

福岡海軍航空隊予科練出身で、階級は三飛曹、後に二飛曹に昇進した。九州の炭鉱町に暮らす貧困家庭の出身。幼い頃から残飯回収の仕事を手伝い、周りの子供に蔑まれて育つ。予科練に志願して実家に仕送りをするように... 関連ページ:渡辺裕三

登場作品

特攻の島

太平洋戦争末期、日本海軍士官・黒木博司と仁科関夫は自爆兵器を考案して軍に導入を提言。やがて人間魚雷・回天として実用化され、福岡海軍航空隊予科練にいた渡辺裕三らが搭乗員として集められた。生きる意味を見出... 関連ページ:特攻の島

SHARE
EC
Amazon
logo