あとかたの街

太平洋戦争末期の名古屋を舞台に、12歳のごく普通の少女とその一家、周辺の人々の生活を描いた人間ドラマ。

  • あとかたの街
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
あとかたの街
作者
ジャンル
第二次世界大戦
レーベル
講談社コミックスDX(講談社)

総合スレッド

あとかたの街(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

猿渡 洋三(あとかたの街)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
木村家の父(あとかたの街)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

概要

昭和19年、太平洋戦争末期の名古屋で、12歳の少女・木村あいは姉と2人の妹、両親とともに、貧しいながらも家族そろっての堅実な暮らしをしていた。しかし幼い妹が学童疎開で家を離れたり、自身は学徒動員で工場で働くことになったりと生活が変化していく中で、不安な気持ちが強くなっていく。

登場人物・キャラクター

主人公
初登場時12歳。長めの髪をおさげにしている。少しおっちょこちょいだが真面目な性格で、心優しく家族想いな、ごく普通の少女。国民学校初等科を卒業後は女学校に進学したいと密かに願っていたが、家が貧しいため、...
波多野の妻の甥。波多野家に手伝いに来ている14歳の男子で、中学校の2年生。長身で体力もあり、愛想も良いため、地域の夫人たちから可愛がられている。木村ときや戦争で親を亡くした子供たちの遊び相手になってい...
木村家の長女で、木村あいの姉。少し短めの髪を二つ縛りにしている。国民学校高等科の生徒だが、学徒動員が始まってからは軍服の縫製工場に勤める。姉らしくしっかり者で、明るい性格。
木村家の三女で、木村みね、木村あいの妹。初登場時、国民学校初等科の3年生。おかっぱ頭で、小柄だが声は大きく、明るくあっけらかんとした性格。学童疎開により一時的に名古屋を離れ、岐阜の寺に預けられる。絵を...
木村家の当主で、木村あい達の父親。眼鏡をかけている。穏やかな性格で、必要なしつけはするが子供に手を上げることはしない。地域の警防団員を務めている。元は大工の仕事をしていた。
木村あい達の母親で、木村家の父の妻。常に冷静沈着で毅然とした態度の女性で、バケツリレーの大会で入賞するなど、体力がある。娘たちのことを愛し、信頼している。木村みね、あい、木村ときの下にさらにもう一人、...
木村あいの、国民学校初等科の頃の友人。裕福な家に育ち、初等科卒業後は女学校に進んだ。その間に見聞きした情報により軍国少女となり、自身も国のために死にたいと願い、国民学校でビラを撒くなどの思想活動を行お...
木村あい、児玉節子の、国民学校初等科の頃の友人。家は裕福で、卒業後は女学校に進学した。やや高飛車で人を見下しているところがあり、貧しく野暮ったいあいのことも実はバカにしていた。学徒動員による勤め先だっ...
木村あい、田部悦子の、国民学校高等科での担任の教師。女性。生徒には厳しく接するが、闇雲に叱りつけるのではなく、必要な場面ではきちんと論理立てて説明する。あいらが学徒動員された際に教師を辞めている。
木村あいの、国民学校高等科での友人。学徒動員後は同じ工場で働き、常にあいと行動を共にするようになる。手先が器用で料理が上手。優しい性格の少女。
木村あいらの家の近所に住む女性で、猿渡洋三のおば。夫を戦争により失い、自身も後を追おうとしていたところを、あいの行動により思いとどまった。建物疎開のために家が取り壊されてからは、洋三とともに木村家で暮...