漂流3000万光年

漂流3000万光年

海上都市群壊滅の陰で暗躍する謎の敵と戦う少年・元波守の冒険を描く海洋SF。『潜水艦スーパー99』の続編として描かれた海洋SF。『スーパー99』の主人公である沖進が老博士として登場する。本作自体は序章に過ぎず、単行本化の際に『新マシンナーズ 地球編』という副題が付いている。

概要

西暦2978年。人類は多数の海上都市を建設し、母なる海の大規模な開発に乗り出していた。だが、何者かの策謀により海上都市は壊滅。ただ一人生き残った少年・元波守は、謎の潜水艦シーラカンスに救助され、日本海溝の遙か底、超深海への旅を体験することとなる。

登場人物・キャラクター

主人公

海上研究都市ミユの市長である元波博士の息子。海上都市総局長・足立山登博士は、母方の叔父にあたる。海上都市の転覆と、それに続く漂流する市民への細胞核破壊波照射による無差別殺戮を生き残ったただ一人の少年。... 関連ページ:元波 守

ミライ

超深海潜水母艦シーラカンスに救助された元波守の世話係をする美女。刻々と変化する状況を守に解説するなか、海上都市を全滅させ細胞核破壊波によって漂流者を皆殺しにした一団を「冷血動物」と断ずる。だが、彼女自身も敵組織から特命を帯びているという正体不明の女性。

沖海洋研究所所長。元波守の父・元波博士や海上都市総局長・足立山登博士の古くからの友人。親子代々の海洋科学者で、15年前に行方不明になった。少年時代は、潜水艦スーパー99に乗り組み、人類の敵と戦ったと言... 関連ページ:沖 進

場所

ミユ

『漂流3000万光年』に登場する都市。別名・VS-1125海上研究都市。陸地にあふれかえった人類の生存圏を海上に移すことで、第四次世界大戦を回避することに成功した。以降、海上都市は70基以上が建造され... 関連ページ:ミユ

SHARE
EC
Amazon
logo