火野 大々

火野 大々

少年守護神(漫画)の主人公。読みは「ひの だいだい」。

登場作品
少年守護神(漫画)
正式名称
火野 大々
ふりがな
ひの だいだい
関連商品
Amazon 楽天

概要

「織部」という国にある茶飯寺に住んでいる、底抜けに明るい孤児の少年。今は亡き父親のような、立派な守護神になることを夢見ている。侍に憧れるあまり、住職である笨矩珍源斎の教えに背き、たびたび合戦に乱入していたが、誰からも相手にされていなかった。寺に落ち延びて来た織部の姫・廬遮那に一目ぼれし、彼女を守れる強い人間になることを決意。

その後、織部に代わって国の支配者になる野望を抱いていた守護神の堊羅総十兵衛龍秋を打ち破ったことで、本格的に守護神としての道を歩みだす。猪突猛進気味だが、心優しい性格をしており、父親が残した「人を守れるような人間になれ!!」という言葉を胸に刻み、死力を尽くして廬遮那たちを守ろうとした。年頃の少年らしくスケベな面があり、ちょくちょく妄想の世界に入り込んでしまうのが玉に瑕。

また、基本的に怖いもの知らずだが、育ての親である珍源斎だけは苦手。戦いの際には、右腕に父親の形見である、完全具足の籠手を装着する。鉄砲使いである紀ノ屋堂治との戦闘中に導殺眼に開眼し、敵の攻撃領域を視覚的に見られる特殊能力を会得した。

登場作品

少年守護神

合戦が絶えない戦国の世を舞台に、最強の守護神に憧れる少年・火野大々が活躍する姿を、生き生きとしたタッチで描いた和風ファンタジー作品。「週刊少年ジャンプ」の平成16年17号から28号にかけて掲載された。 関連ページ:少年守護神

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
廬遮那
堊羅総十兵衛龍秋
紀ノ屋 堂治
笨矩 珍源斎
父親
柴 犬千代
黒部 重倉
その他キーワード
logo