灰崎 祥吾

灰崎 祥吾

黒子のバスケ(漫画)の登場人物。読みは「はいざき しょうご」。

登場作品
黒子のバスケ(漫画)
正式名称
灰崎 祥吾
ふりがな
はいざき しょうご
関連商品
Amazon 楽天

概要

福田総合学園高校一年生のバスケ部部員。ポジションはスモールフォワード。背番号は6。中学時代、キセキの世代と同じく帝光中バスケ部でレギュラーを務めていたが、黄瀬の一軍昇格後に赤司から退部を勧告された。他人の技を瞬時に模倣する能力を持つが、独自のリズムで再現するため模倣された相手がそれを見てリズムを崩し、結果的に「相手の技を奪う」と言われる能力となっている。

素行は極めて悪い。

関連人物・キャラクター

キセキの世代

『黒子のバスケ』に登場する、5人の天才バスケ選手の通称。いずれも同学年で、超強豪である帝光中でも別格の才能を発揮して全国三連覇を達成。しかし、各々の能力が高すぎる故にチームワークは崩壊していた。五人はそれぞれ別の高校に進学し、全国大会で競い合うことになる。

登場作品

黒子のバスケ

高校生バスケットボールを主題にしたスポーツマンガ。開校2年目の新設校である誠凛高校にて、影の薄さを生かした独特なプレイスタイルでチームを支える黒子テツヤが、バスケットボールにおいて天賦の才を持つ火神大... 関連ページ:黒子のバスケ

SHARE
EC
Amazon
logo