烏寺

烏寺

カラスのいとし京都めし(漫画)、かつて「専定寺」と呼ばれた京都府にある寺。

登場作品
カラスのいとし京都めし(漫画)
正式名称
烏寺
ふりがな
からすでら
関連商品
Amazon 楽天

概要

ばあちゃん今井たかひこが主。烏丸は昔からカラスとしてここで暮らしており、人間の姿になってからも烏寺に居候することとなる。昔、専定法師という旅僧が2羽のカラスの「今日は蓮生坊の極楽浄土の日なので、お見送りをしに行こう」という会話を聞きつけて蓮生坊の庵を尋ねたところ、カラスの話通り蓮生坊が亡くなっているのを発見。

専定法師が蓮生坊の庵を「有縁の霊域」と感じ、草庵を結んだのがきっかけで専定寺が生まれた。この専定寺がいつしかその逸話から「烏寺」と呼ばれるようになり、現在に至っている。

登場作品

カラスのいとし京都めし

食べることが大好きなカラスが、美味しいものを食べたいと考えるあまりに人間に変身。若い男性の姿となり、京都府に実在する料理屋をめぐっていく日常系ファンタジーグルメコミック。「FEEL FREE」2016... 関連ページ:カラスのいとし京都めし

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
カラスのいとし京都めし
logo