無頼侍

無頼侍

荒んだ幕末の日本を舞台に、賞金首の男と旅浪人の旅を描いたアクション時代劇。鈴木マサカズの2作目で、サルが主役のコメディ初連載作『サルぽんち』から大きく作風を変えて「コミックビーム」に連載された。

正式名称
無頼侍
作者
ジャンル
時代劇
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

鈴森岸十郎は、自らを「無頼侍」と自嘲する流れ者の浪人。たまたま旅の途中で、百両の賞金首である寛壱という男と出会い、紆余曲折の末、数人の道連れとともに妹の仇を追っている、という寛壱の旅に同行することになる。修羅の道を行くような過酷な旅の末、一行は仇討ち騒動の真相に辿り着く。

登場人物・キャラクター

主人公

流れ者で博打が趣味のさえない旅浪人。ぶらぶらしていることから「無頼侍」と自称している。賞金百両を求めて寛壱の命を狙うが、鼻を斬り落とされてあっけなく返り討ちに遭う。その後は鼻当てを身につけるようになり... 関連ページ:鈴森 岸十郎

百両の懸賞金のかかった賞金首。凄まじいまでの腕前を持った剣客。もとはれっきとした侍だったが、「親と妹を殺した」という疑いをかけられて役人を殺め、以後お尋ね者「妹殺しの寛壱」と呼ばれている。妹を殺めた真... 関連ページ:寛壱

蛇山の藍の手下のヤクザ者。本人に自覚はないが、実際に馬鹿なので「馬鹿の千代松」「馬鹿松」などと呼ばれている。いずれ藍と夫婦になって組を自分のものにしようと考えているが、藍からは何とも思われていない。紆... 関連ページ:千代松

溝鼠

正体不明の人物。鈴森岸十郎は溝鼠の名さえ知らなかったが、恐ろしい悪人である、という噂が渡世人の世界に知れ渡っている。老人だとも、美少年だとも、はたまた女なのだとまで言われている。確かなのは、寛壱の妹を殺した真犯人であり、そして寛壱に嵌蛍寺で待つという言伝を残している、ということのみである。

紋太

寛壱の賞金を狙うため、鈴森岸十郎と手を組んだ浮浪児。健二郎の兄。しかし本心では岸十郎を利用するだけ利用して、賞金は健二郎と山分けするつもりでいた。寛壱の旅の仲間が次々と脱落し、あるいは賞金を諦めるようになっていくなか、最後まで一行を追い続け、旅の終着地である嵌蛍寺まで辿り着く。

健二郎

浮浪児で、紋太の弟。紋太とともに鈴森岸十郎に同行し、寛壱を追っていた。お結と出会い、彼女が安住の地を見つけた時に、ともに一行から離脱。その後はお結と2人、仲良く暮らす。紋太ほどのしたたかさはなく、どちらかといえば善良な少年である。

主に博打をシノギにしているヤクザ「蛇山組」の女組長。鈴森岸十郎や千代松に惚れられているが、蛇山の藍の方はまったく相手にしていない。用心棒だった木村六兵衛を斬った寛壱を、新しい用心棒に迎え入れる。のちに... 関連ページ:蛇山の藍

お結

奉公に出るために旅をしていた村娘。山賊に襲われたところを、通りすがりの寛壱に助けられた。一時的に寛壱に同行し、のちに紋太、健二郎の兄弟と意気投合。旅の途中で健二郎とともに一行から離脱し、2人で畑を耕して暮らす。

鈴森岸十郎が旅の途中で出会った野武士の頭目。悪党だが、小心な臆病者。「俺は溝鼠だ」と名乗り、岸十郎がその情報を伝えるために寛壱に再接触を図る、という出来事のきっかけを作る。溝鼠を名乗っていたのは、本物... 関連ページ:偽溝鼠

千代松の弟。鈴森岸十郎が旅の途中で出会った野武士の一党に、下っ端として加わっていた。兄に「両親は死んだ」ということを伝え、もう兄弟の縁など切れていると告げた。それでも千代松は弟のことが心配で、どうか田... 関連ページ:田子作

蛇山の藍に雇われていた、ヤクザ「蛇山組」の用心棒。賞金目当てで寛壱を斬ろうとしたが、あっけなく返り討ちに遭って首をはねられる。実は同性愛者で、寛壱のような男を、自分の荒棒で蹂躙したいという欲望を持って... 関連ページ:木村 六兵衛

たえ

寛壱の妹。家柄の良い武家の娘であったが、身分に関わらず、どのような人間に対しても分け隔てなく接する、心の優しい、ある意味では過剰なまでにお人好しの娘。溝鼠と出会って殺害されたが、実はたえと溝鼠の間には、とある経緯があった。

場所

嵌蛍寺

寛壱と鈴森岸十郎らの旅の終着地。溝鼠が、寛壱に「この地で待つ」と伝えていた場所。嵌蛍寺そのものは、名前の通りのただの寺で、ごく普通に住職や、寺に住まうその他の人々がいて、日々の暮らしを送っている。

SHARE
EC
Amazon
logo