犯罪王ポポネポ

犯罪王ポポネポ

「犯罪王」として冤罪を被っていた少年が、本当の犯罪王を目指すピカレスクロマン。様々な犯罪者が登場しており、それぞれに潜在能力があるが、どんな罪を犯したのか、どんな能力を持っているかはぼかされている。また明らかに人間の形をしていない囚人も登場するが、設定上はすべて人間。序盤は男性のみの刑務所が舞台のため、女性キャラに見せかけた男性キャラクターが多く登場する。

概要

ハナ・マルキは全く罪を犯していないにもかかわらず、「犯罪王」ポポネポとして逮捕され、空母の上に作られた刑務所に投獄された。事情のわからない彼は、ポポネポの名前に恐れおののく囚人たちに首をかしげ、どうすればいいのかわからず困惑する。ある日、刑務所内神父のキリコに、悪を退治することこそ正義とそそのかされ、強姦魔マコ・マリを射殺。

本当の犯罪者になる。その後、刑務所を出た彼はポポネポを名乗り、刑務所長のミカシェリ、囚人イビル・ジョーを引き連れて街に現れ、犯罪者たちを次々殺害しはじめた。ポポネポが自分たちの両親を殺したと思っているマチキタかなごは彼を追い始めるも、実際に会って彼の「正義」の考え方に触れた時、共感してしまう。

そして、かなごとキリコ、ミカシェリ、イビル・ジョーが邂逅した時、ポポネポの正体が明かになりはじめる。

登場人物・キャラクター

主人公

さらわれた後に、世間を騒がせた犯罪王ポポネポに仕立てあげられた少年。自分のことをいらない子だと考え続けており、元々は全く罪を犯さず、欲のない人間としておとなしくすごしていた。単純作業が得意で、14万5... 関連ページ:ハナ・マルキ

空母の上に作られた刑務所を管轄する所長。刑務所内唯一の女性。露出の高い服装をしており、ムチを振り回しながら囚人たちを怒鳴りつけるサディスト。囚人たちの中に埋め込まれたチップに電流を流す権限を持っている... 関連ページ:ミカシェリ

刑務所内に勤めている神父。囚人たちの懺悔を日々聞いている。ハナ・マルキが刑務所に入ってから初めて、自分がポポネポではないことを打ち明けた人物。仮保釈管理官も兼任しており、懺悔の内容から保釈する権利を持... 関連ページ:キリコ

ミカシェリの弟で、子どもの囚人。勃起障害。非常に頭がよく、刑務所内のことに詳しい。囚人に「青い体験」と呼ばれている残虐な処刑を行っている。ポポネポを演じるハナ・マルキのことを気に入っており、所内のこと... 関連ページ:春人

ポポネポだと勘違いされているハナ・マルキと同じ部屋で、世話をすることになった囚人。犯罪王であるポポネポの熱心な信者で、「ポポネポーの一族」というポポネポ資料をまとめたホームページを作っている。ピエロの... 関連ページ:かなづちカーヤン

「可愛すぎるレイプ犯」と呼ばれている女装の囚人。「穴」を偏愛しており、特に50円玉の穴を好んでいる。女性の「穴」に憧れていたところ、実物に衝撃をうけて激しい恨みを覚え、「穴」を塞ぐために女装して強姦を... 関連ページ:マコ・マリ

刑務所内の囚人たちを仕切っている、「犯罪殿下」と呼ばれている囚人。いつもスーツを着ており、女性から殺すことがレディファーストだと考えて紳士ぶっている。身だしなみにうるさく、殺す相手の身だしなみを整えて... 関連ページ:イビル・ジョー

長い髪をした女装の囚人。イビル・ジョーとマコ・マリの刑務所内風俗店「Grand Chateau」で働いており、性的サービスを行っていた。マコ・マリが亡くなったあとは店に守られる事が無くなってしまい、他... 関連ページ:カルタ まやな

被害者・遺族友の会「淀川中華飯店」に所属し、出前班を担当している少女。タユ太の妹。長いサイドテールで髪をしばっており、格闘技に長けている。非常に正義感が強く、犯罪で困っている人には自分の身を挺して助け... 関連ページ:マチキタ かなご

被害者・遺族友の会「淀川中華飯店」の1人。メガネの青年。蚊帳の外に追いやられた被害者の気持を救うため、法に則って被害者と加害者の距離を縮めたいと考えている。マチキタかなごの兄で、彼女の遅延する痛覚につ... 関連ページ:タユ太

中央警察署生活安全課に務める刑事。頭のてっぺんにだけ髪が生えている。遺族として犯罪者を追っているマチキタかなごの理解者で、自分が動けない故にかなごに脱獄犯狩りを手伝わせていた。ところがかなごが連絡なし... 関連ページ:トニー谷田

サングラスをかけた連続爆弾犯。自分の爆弾に必ず「K」の文字をきざむ。「物の未来」を見る能力がある。娘のキシカの首に爆弾を巻いて、妻の草加持ツエを脅す。刑務所内神父のキリコやハナ・マルキ(ポポネポ)とは... 関連ページ:草加持 ロウ

草加持 ツエ

連続爆破事件の犯人である草加持ロウの妻。ロウが娘のキシカの首に爆弾を巻いたのを見て憤怒にかられる。事件の真実を知った後、ハナ・マルキ(ポポネポ)の凶弾にかかって死亡する。

タッちゃん

頬に傷のある、一家惨殺事件の殺人犯。被害者・遺族友の会に属するマチキタかなごにボコボコにされ、統合科学研究所に送られた。

その他キーワード

とんでもない木曜日

極悪犯罪人が空母の上に作られた刑務所から集団脱獄した事件。所長のミカシェリが人質にとられ、看守たちは皆殺しにされた。囚人たちにはGPSのチップが埋め込まれていたが、脱出の際にある方法で抜き取られた。囚... 関連ページ:とんでもない木曜日

SHARE
EC
Amazon
logo