獣医ドリトル

獣医ドリトル

腕は良いが、守銭奴で極悪非道と悪評の獣医鳥取健一。彼にペットの治療を依頼した飼い主たちは、動物と暮らすことの責任を認識し、いつの間にか自分の心も成長させてしまう。基本的に一話完結型。原作夏緑、作画ちくやまきよし。

正式名称
獣医ドリトル
作画
原作
ジャンル
ペット
レーベル
ビッグコミックス(小学館)
巻数
全20巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

上京して就職活動が惨敗していたあすかは、自分と同じ名前の競争馬アスカミライに出会い、レースで負ける姿に自分の姿を重ねていた。そんなアスカミライが競技中にケガをしてしまい、安楽死から守るために鳥取動物病院を訪れたあすかだったが、鳥取という獣医に高額な医療費を請求されてしまう。そのまま住み込みで働きながら借金を返す事を決意するのだが、その冷血獣医の天才的治療は、ペットだけでなく人間の心も癒していくことに気づいてしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

天才獣医師。動物の声なき訴えを聞ける名医として有名だが、その一方で高額な医療費を請求する冷酷非道な男としても悪評高い。獣医はビジネスであるというポリシーを持っており、怪我した野良犬を連れてきた子供であ... 関連ページ:鳥取 健一

主人公ドリトルのパートナー。鳥取動物病院で働く動物看護士。就職活動連敗中に、自分と同じ名前で成績の悪い競争馬アスカミライに出会う。怪我をしたアスカミライを安楽死から守るため訪れたのが鳥取動物病院なのだ... 関連ページ:多島 あすか

主人公ドリトルの同志。大学時代、ドリトルと共に富沢教授の下で学んでいたが、優秀なドリトルとは正反対に、不器用で腕は悪く、自らを赤点獣医と称している。全ての動物を平等に救いたいという強い信念があり、「獣... 関連ページ:花菱 優

主人公ドリトルの後輩獣医。関東獣医大学を首席で卒業し、現在は大型動物専攻の獣医として動物園パラダイスズーで勤務している。大型動物の治療の事で、ドリトルに難題な相談を持ち掛けてくる。ドリトルと同じくらい... 関連ページ:宗谷 華子

主人公ドリトルの恩師。関東獣医大学の教授でかつてドリトルや花菱たちを教えていた。現在は、ドリトルや別府の影響で獣医を目指している白野や兼子を教える。一見いい加減な性格だが、彼の教えは確実にドリトルや花... 関連ページ:富沢 旅雄

主人公ドリトルが尊敬する獣医師。富沢の大学の大先輩にあたり、現在もベテラン獣医師として働いている。富沢の教え子であるドリトルのことを「坊ちゃん」と呼んでおり、敵なしのドリトルが唯一扱いに困る存在である... 関連ページ:別府

花菱アニマルホスピタル専属のカリスマトリマー。奇抜な髪型に派手なファッションが特徴。病院内で「サロン・ド・ルミ」という店を出している。はじめ、斬新なカットで動物たちに個性を与えるトリマーとして人気に火... 関連ページ:不動 ルミ

長谷川

ゴッドハンド花菱哲の後継者。元々は花菱の商売敵であるエンペラー動物病院で働いていたが、院長である土門大蔵のやり方に納得できず反発し、クビになったところを花菱に拾われた。獣医としての志は高く、勉強熱心で腕がいいので、最終的に花菱動物病院に移り後継者としての修業を積んでいる。

主人公ドリトルの同志。父である土門大蔵から、エンペラー動物病院東京本院の院長を引き継いだ。終末医療の専門家だが、安楽死は手術リスク回避の手段とだと主張する父の大蔵とは異なり、安楽死は動物を苦痛から救う... 関連ページ:土門 勇蔵

主人公ドリトルを陥れようとす人物。エンペラー動物病院グループの総院長。表向きは、ペットや飼い主に理解の深い人間として振舞っているが、実際は事業拡大の事しか考えておらず、コスト削減を重視したぞんざいな治... 関連ページ:土門 大蔵

由利 英

富沢の天敵。有名な鳥類学者で、ノーベル医学生理学賞の候補としても何度か選ばれている。富沢とは、湾岸戦争直後のペルシア湾で共に海鳥救護にあたった仲だが、考え方の相違が原因で富沢を目の敵にするようになった。ドリトルの勧めで、井蛙をツボカビ病防衛プロジェクトに迎え入れる。

ドリトルに人生を変えられた人物。両生類に関してずば抜けた知識をもっており、由利の下でツボカビ病防衛プロジェクトのエースとして活躍している。元々無職で、鳥取動物病院や由利のブログ荒らしをしていたが、ドリ... 関連ページ:井蛙 翔

土門勇蔵の実弟。関東獣医大学に通っている。本当は野生生物や絶滅危惧種の保護に興味があるものの、兄が安楽死や延命治療で苦しむ姿を見て育ったので、自分が獣医になって代わってあげたいと思っている。父親が事業... 関連ページ:水戸 順平

主人公ドリトルに憧れる学生。人間を信用できずグレていた時、猫の治療で鳥取動物病院を訪れた。住み込みでバイトする事を条件に猫を診てもらう事になったのだが、ドリトルに厳しくしごかれる内に心も改まり、仕事に... 関連ページ:白野 晴彦

主人公ドリトルに影響を受けた人物。有名になりたいという理由で、動物園でライオンの檻に入っていたところドリトルに救出される。大きなことをして有名になることばかり考えていたが、名誉や地位にこだわらず自分の... 関連ページ:餌指 風斗

鳥取動物病院に薬を卸している。文系出身でありながら医薬品会社の営業に就職したので、人一倍勉強家。後輩で10歳年上の薬師寺が薬学部出身なこともあり、たまに自分と比べて自信をなくすことがある。やはり動物を... 関連ページ:富山

薬師寺

富山の後輩。薬学部を卒業し製薬会社に3年勤務したあと、フリーター生活を経て富山のいる会社に就職した。最初は文系出身で10歳年下の富山を見下していたが、動物を救いたいという熱い想いや仕事に対する真すぐな姿勢に心を打たれ尊敬するようになる。「富山センパイ」と呼んで懐いている。

集団・組織

鳥取動物病院

『獣医ドリトル』に登場する組織。主人公ドリトルが経営する動物病院。ドリトルが大学在学中に手に入れたもので、もともとは人間の病院であった。多島が来るまではドリトル一人で全てをやっていたが、現在は白野や兼井、順平もバイトで雇っている。供血犬を3匹飼っている。

場所

花菱アニマルホスピタル

花菱が経営する動物病院。院長も専属トリマーもテレビに出演しているので、とにかく知名度が高い。ペットホテルも充実し、オリジナルペットフードやグッズなども豊富。

エンペラー動物病院

土門大蔵が経営する動物病院。知名度の高い花菱アニマルホスピタルの目の前に建て、客が流れてくるのを目的にしている。安くて早い治療を売りにしているが、実際はコスト削減だけをめざしたぞんざいな治療しかしていない。院長が勇蔵に代わってからは、花菱たちと協力し合った医療を提供している。

書誌情報

獣医ドリトル 全20巻 小学館〈ビッグコミックス〉 完結

第1巻

(2003年2月発行、 978-4091866912)

第2巻

(2004年1月発行、 978-4091866929)

第3巻

(2005年10月発行、 978-4091866936)

第4巻

(2006年8月発行、 978-4091804853)

第5巻

(2007年8月発行、 978-4091811769)

第6巻

(2008年11月発行、 978-4091813831)

第7巻

(2009年12月発行、 978-4091827753)

第8巻 動物病院から愛をこめて

(2010年9月発行、 978-4091833891)

第9巻 その男、悪徳獣医

(2010年12月発行、 978-4091836403)

第10巻 眠らない熊

(2011年7月発行、 978-4091838582)

第11巻 サラマンダー・レポート

(2011年11月発行、 978-4091841308)

第12巻 奇跡の万能薬

(2012年4月発行、 978-4091843173)

第13巻 ロンサム・ライナ

(2012年8月発行、 978-4091846433)

第14巻 ソロモンの指輪

(2012年12月発行、 978-4091847836)

第15巻 iPS細胞

(2013年4月発行、 978-4091850485)

第16巻 春を待つ命

(2013年9月発行、 978-4091854001)

第17巻 空飛ぶ獣医

(2013年12月発行、 978-4091856692)

第18巻 大晦日の不思議な訪問客

(2014年4月発行、 978-4091860583)

第19巻 ファインディング・ミモザ

(2014年8月発行、 978-4091863461)

第20巻 鳥取動物病院最後の日

(2014年12月発行、 978-4091866301)

SHARE
EC
Amazon
logo