王様と白衣のシンデレラ

王様と白衣のシンデレラ

小児科医の女性と、かつて彼女が家庭教師を務めていたとある国の国王。身分の違い、年齢の違いという壁に翻弄される2人の姿を描くラブストーリー。

正式名称
王様と白衣のシンデレラ
作者
ジャンル
その他恋愛・ラブコメ
レーベル
エメラルドコミックス ロマンスコミックス(宙出版)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

小児科に勤務する医師のエマ=サイラスは、ビリーから転勤を打診される。王立医療センターの小児科医としてオルデー王国を訪れたエマは、そこでかつて学生時代に家庭教師をしていた、ハラール=フィルベルト=マリーギョームと再会した。成長したハラールは国民のことをきちんと考える良き国王になっていて、エマはときめきを隠せない。

そんなある日エマを呼びつけたハラールは、シルヴィアという子供を診て欲しいと頼む。サンドラ王妃はシルヴィアはハラールの子供だと語り、エマに衝撃を与えるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

小児医療のエキスパートとしてオルデー王国の王立医療センターに引き抜かれた女性。シカゴ小児健康センターに勤務していた。ぽっちゃり体系で、学生時代はよく周囲にバカにされていた。ハラール=フィルベルト=マリ... 関連ページ:エマ=サイラス

ハラール=フィルベルト=マリーギョーム

オルデー王国の国王で、サンドラ王妃の息子。エマ=サイラスは学生時代に彼の家庭教師をしていたことがある。学生時代は女遊びが激しく勉学はおろそかだった。現在は見た目こそ派手だが、国のことをしっかりと考える良き青年となっている。エマのことを大きなテディベアだと思っており、よく抱きしめている。

ビリー

シカゴ小児健康センターに勤務する男性で、エマ=サイラスが勤めていた当時の上司。エマをオルデー王国の王立医療センターに推薦した人物。温厚で人望厚く、エマもビリーのことをとても信頼している。

カール=スミス

オルデー王国の王立医療センターで、センター所長を務める男性。ビリーの恩師であり、エマ=サイラスのオルデー王国での上司。温厚で人望も厚く、小児科医療センターを作ることがオルデー王国の悲願だということをよく理解している。

ミケ=アントニオーニ

オルデー王国の王立医療センターで、小児病棟の責任者を務める男性。イタリア人。軽薄な性格で、よくエマ=サイラスを食事に誘っては所構わず誘惑している。ハラール=フィルベルト=マリーギョームとの関係はあまり良くなく、エマを巡ってよく対立している。

サンドラ王妃

厳しくも優しいオルデー王国の皇太后。今は皇太后だが、先代の国王であるハラール=フィルベルト=マリーギョームの父親が存命の間は、仲睦まじい理想の王妃として評判だった。ハラールが忙しいため、シルヴィアの面倒は彼女と付き人のハンナが見ている。

シルヴィア

ハラール=フィルベルト=マリーギョームの娘だとされている子供。城の裏門に置き去りにされ、一緒に王家の紋章のネックレスがおいてあったため、王家の血を引く子供として扱われている。実際はハラールの兄であるヘンリクとソフィの子供である。

ソフィ

シルヴィアを生んだ母親。ハラール=フィルベルト=マリーギョームの兄、ヘンリクが好んで訪れていたホテルでメイドとして働いていた。ヘンリクと関係を持ち子供をもうけたが、体が弱くシルヴィアを生む時に亡くなってしまった。ヘンリクとの身分違いの恋に悩んでいた。

場所

オルデー王国

公用語がフランス語の、ヨーロッパにある国。現在はハラール=フィルベルト=マリーギョームが治めており、皇太后が後見人をしている。ハラールが国王になる前は、ハラールの兄がオルデー王国の国王だった。しかし、不慮の事故で亡くなったため、ハラールが国王の座についた。

シカゴ小児健康センター

エマ=サイラスがアメリカで勤めていた病院。エマは、ここの上司であるビリーには世話になっており、彼の願いを無下にできない。彼女はここを辞めて、オルデー王国の王立医療センターに移った。

王立医療センター

オルデー王国にある医療センター。カール=スミスが所長を務めている、小児専用の医療センター。エマ=サイラスは小児科のエキスパートとして、シカゴからここに呼ばれた。アメリカでも少ないような最新鋭の機器を揃えている。

SHARE
EC
Amazon
logo