琴浦 春香

琴浦さん(漫画)の主人公。読みは「ことうら はるか」。

  • 琴浦 春香
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
琴浦さん(漫画)
正式名称
琴浦 春香
ふりがな
ことうら はるか

総合スレッド

琴浦 春香(琴浦さん)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

女子高生(15歳)。人の心を読める超能力を持っており、そのせいで周囲の人間に気味悪がられて育ち、祖父以外に心を開かなくなった。転校先の高校で真鍋義久ESP研究会の面々と出会い、本来の明るさを少しづつ取り戻していく。自分を救ってくれた真鍋のことを特別慕うようになり、後に彼と交際を始める。

すぐにエッチな妄想に耽る真鍋にいつもやきもきさせられ、喧嘩になることも多いが、最終的にはいつも元の鞘に収まる。一人暮らしが長く料理も得意だが、部屋の片づけは出来ないなど抜けているところも多い。

登場人物・キャラクター

15歳の男子高校生で、琴浦春香のクラスメイト。春香の超能力について理解を示し、閉ざされていた彼女の心を開いた。後に彼女と交際を始める。クラスではあまりしゃべらず、いつもボーっとしているが、本来はノリが...

関連キーワード

『琴浦さん』に登場する架空のクラブ。超能力を疑われて自殺した母の潔白を証明するため、超能力者を探す目的で御舟百合子が立ち上げた。超能力者の発見、能力の開発などが主な活動内容だが、実際は遊んでばかりの仲...

登場作品

主人公琴浦春香は人が心を読めてしまう能力を持っていた。能力のため、幼いころから虐げられてきた彼女は誰に対しても心を閉ざしていたが、転校先の高校のクラスメイト・真鍋義久、またESP研究会の仲間たちとの出...