男たち

男たち

東京の下町で、オンボロアパートにたむろするアウトローたちの生態を、地方から上京してきた、まじめ一徹な青年サラリーマンの視点から、時にコミカルに、時にシリアスに描く集団群像劇画。賭博師やヤクザ、オカマ、タコ部屋など、常人がうかがい知ることのできない、裏社会で生きる男たちの日常生活が、リアルに描写されている。「コミックモーニング」にて1982年9月から1983年7月にかけて連載された作品。原案は七三太朗。

正式名称
男たち
作者
ジャンル
ギャンブル・賭博
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

転勤のため、郷里から上京して来た朝倉新一は、叔父の住む東京下町のアパートに居を構える。しかし、そこは世間の裏街道を歩くアウトローたちの吹きだまり。ごく普通のサラリーマン生活を送る新一にとっては、常識では計り知れない異次元的世界でもあった。新一は、隣人たちの狂態ぶりに翻弄される毎日を過ごしていたが、ある日、同じアパートに住む男性が、遠方で窮地に陥っていることを知る。

仲間と共に彼を救出に出かけた新一は、そこでとんでもない修羅場に遭遇することとなる。

登場人物・キャラクター

朝倉 新一 (アサクラ シンイチ)

大手企業に勤務する独身青年。一色留次の甥。地方の支店から東京本社に転勤となり、叔父の住むシャトーイースタンに転居することとなる。性格は、礼儀正しく綺麗好きで真面目。仕事に対しては実直に取り組む。サラリーマンの見本のような、さわやかな人物。

一色 留次 (イッシキ トメジ)

シャトーイースタンの住人。朝倉新一の母親の弟で、新一の叔父にあたる。指輪などのアクセサリーを、自宅で手作業により加工する彫金師。その腕前には定評がある。飲んべえでバクチ好き。自堕落な性格の独身中年男だが、いざというときには、度胸のあるところを見せる。

(ツネ)

中年のオカマ。いかつい顔とごつい体格をしている。一色留次の部屋に出入りしている仲間の1人で、麻雀が滅法強い。思い込んだら即実行に移す行動力を持つ。朝倉新一の歓迎会に参加した際、初対面の新一に一目惚れしてしまい、一方的に熱を上げる。

倉橋 (クラハシ)

シャトーイースタンの住人。一色留次らの麻雀仲間。パンチパーマにサングラス姿の中年男性。自室の黒電話を使って、競馬の違法賭博であるノミ行為を生業としている。過去に網走刑務所に収監されていた前科者。しかし、儲けのほとんどを、愛人に貢ぐほどのお人好しで、臆病者でもある。

タケ (タケ)

シャトーイースタンの住人。一色留次らの仲間。見た目のさえないハゲ頭の中年男。麻雀はできないが、競輪にハマっている。「掛け取り」と俗称される借金取りの代行を生業としており、裏社会の闇の商売にも精通している。普段はぼんやりしているが、仕事となると、ヤクザ顔負けの凄みを発揮する。

ナミ (ナミ)

シャトーイースタンの住人。一色留次らの仲間。場末のスナックのホステス。昼間からネグリジェ姿で、アパートの各部屋を行き来するあばずれ女。朝倉新一の部屋の真下の部屋に住んでおり、新一が日課とする毎朝のラジオ体操を迷惑がっている。

夏子 (ナツコ)

一色留次の部屋に出入りしている仲間の1人。常の悪友。スナックのホステスだが、以前は大企業の社長秘書をしていたと自称。普段はおとなしく清楚な女性を装っているが、酒に酔うと本性を表し、朝倉新一の度肝を抜く。

ネギ屋 (ネギヤ)

シャトーイースタンの住人。一色留次らの麻雀仲間。いつもカモにされている男。青果市場で働いている。鉢巻きに腹巻きというだらしない姿で、彼女ができてもフラれてばかり。ぐうたらな性格で、アパートの住人に事細かに文句をつける清潔好きの朝倉新一を、うとましく思っている。

住職 (ジュウショク)

シャトーイースタンの住人。一色留次らの麻雀仲間。ハゲ頭にサングラス姿の初老の男性。バクチ好きでぐうたらな性格だが、少林寺拳法の達人で、いざというときには、その腕っぷしを振るうこともある。

久子 (ヒサコ)

倉橋の愛人。クラブのママとして働いている女性。ヤクザからの借金に加えて、倉橋に貢がせた金をつぎ込み、自身の店をようやく軌道に乗せたところ。自分の店さえ繁盛すればいい、というドライで薄情な性格。

沼田 (ヌマタ)

倉橋と久子の知人。荒川の付近一帯をシマとする暴力団「塚穴組」の組員。組のシノギである闇賭博や、闇金融を取り仕切るやり手幹部。久子の店にも融資している。倉橋の起こした金銭トラブルにより、タケと対峙する。

釜地 (カマチ)

「タコ部屋」の管理責任者。東北地方の雪深い山間部の工事現場で、訳ありの土木作業員たちが寝泊まりする飯場を、俗に「タコ部屋」と呼ぶ。作業員たちを奴隷のようにこき使い、逆らうとリンチにかける残忍な性格の中年男。バクチ好きで、大金を投じて手に入れた競馬の競走馬を、わが子のように思っている。

場所

シャトーイースタン (シャトーイースタン)

古い木造2階建てのアパート。東京の下町、千住東の路地奥にある。築年数のかなり古いオンボロアパート。2階に住む一色留次が主のような存在。アパートの住人だけでなく、周辺に住む留次の仲間たちが、麻雀や馬鹿騒ぎをするたまり場でもある。

クレジット

原案

SHARE
EC
Amazon
logo