白星のギャロップ

千葉県の競馬学校が舞台。競馬を憎む主人公の森颯太は、因縁あるトップジョッキー藤宮将二をトップの座から引きずり下ろすために、騎手になることを決意する。受験者150名の中から、厳しい試験をくぐり抜けて残った六名の少年少女が、ジョッキーを目指して三年間の訓練に励む青春群像劇。競馬に関する専門用語や知識がわかりやすく解説されているのが特徴。小学館「裏サンデー」にて、2016年8月23日より配信。なお、競馬学校を舞台にした物語は3巻で完結しており、「プロジョッキー編」がタイトルを変更して再開されることが予告されている。

正式名称
白星のギャロップ
ふりがな
はくせいのぎゃろっぷ
作者
ジャンル
競馬
レーベル
裏少年サンデーコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

概要・あらすじ

滋賀県栗東市・栗東トレーニングセンターは、日本最大級の競走馬調教施設である。母子家庭に育った森颯太は、併設される乗馬苑で、乗馬スポーツの才能を発揮していた。乗馬の先生は競馬学校入学を勧めるが、颯太には鬱病の母がおり、全寮制の学校に行くつもりはまったくなかった。そんなある日、母が倒れてそのまま帰らぬ人となった。

母の死後、颯太は祖父母に引き取られることになった。そして祖父母から、自分の父が騎手であることを聞く。それはどうやら、六年連続リーデイングトップの藤宮将二であるらしい。母を放置し、貧乏の中で死なせた父を、颯太は恨んだ。そして自分が騎手になり、藤宮将二をトップの座から引きずり下ろすことを誓う。厳しい試験をクリアし、颯太は、千葉県の競馬学校に通うことになった。

総勢150名の中から、競馬学校に通えることになったのはたったの六名。仲間でありライバルでもある六人と、ジョッキーを目指して切磋琢磨する3年間が始まった。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo