たいようのマキバオー

たいようのマキバオー

競走馬・文太(ヒノデマキバオー)と騎手ハヤト(福留隼人)の戦いと成長を描いた競馬(競技)漫画。『みどりのマキバオー』の続編。

正式名称
たいようのマキバオー
作者
ジャンル
競馬(競技)
レーベル
プレイボーイコミック(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

ミドリマキバオーらの活躍から10年後。中央競馬(JRA)では、その走りを知る者は少なくなっていた。ミドリマキバオーの血を受け継ぐ文太(出走名・ヒノデマキバオー)は、中央競馬(JRA)デビューを目指していたが叶わず、高知の福留厩舎に転厩した。同じくJRAの競馬学校を落ちたハヤト(福留隼人)を騎手に二人三脚で練習に励み、高知の競馬界にデビューする。

しかし、実態は客寄せのために競技は二の次で走らされる日々。煮え切らない思いを抱くハヤトに対し、文太は一生懸命走り、愛想を振りまいていた。名騎手山本菅助が現れた黒船賞の最終レースで、ハヤトのためにと一生懸命走った文太は、見事初勝利を挙げた。

しかし、その代償に全治3ヶ月の怪我を負い、結局元の客寄せパンダに戻ってしまう。その後同世代の競走馬達と自分のギャップに苦しんだ文太は、思い切り走りたいとハヤトに訴える。怪我と闘いながらの本気の競争が始まった。

登場人物・キャラクター

主人公

ミドリマキバオーの血を引く競走馬で、ミドリマキバオー同様に競走馬としては極端に小さな体躯。中央競馬(JRA)デビューを目指していたが叶わず、高知の福留厩舎に転厩した。同じくJRAの競馬学校を落ちたハヤ... 関連ページ:文太

顔が長く、大きな鼻穴が特徴の男性。若手の騎手で、高知競馬福留厩舎所属の若手騎手。文太(ヒノデマキバオー)の主戦騎手。山本菅助が騎乗するミドリマキバオーの走りを見て騎手を志した。JRA競馬学校の受験に失... 関連ページ:福留 隼人

石田 光成

ハヤト(福留隼人)のライバル騎手。JRA競馬学校をハヤトと同期で受験した。ワールドスーパージョッキーズシリーズでの福留のライバル。「若き天才」と称されるが、傲慢な態度が多い。ブロックバスターに騎乗する。

山本 菅助

JRA(中央競馬)の騎手。かつてはミドリマキバオーの主戦騎手だった。ハヤト(福留隼人)に騎手となることを決心させた人物であり、彼からは尊敬と反発のあいまった複雑な感情を抱かれている。文太(ヒノデマキバオー)を叱責し、本物の走りに目覚めさせた。

福留 政親

高知競馬で福留厩舎を経営する調教師。若手騎手・ハヤト(福留隼人)の父親。ハヤトの相棒となった競走馬・文太(ヒノデマキバオー)を可愛がり、酷使されている状況を憂いているが、経営に苦しむ高知競馬の現状との板挟みとなり苦しむ。

雷電號

『たいようのマキバオー』に登場する動物。全身に無数の傷がある大型の土佐犬。桂浜の土佐闘犬センターで飼われていたが、待遇に嫌気がさし脱走するが、文太(ヒノデマキバオー)とハヤト(福留隼人)に偶然出会う。その後福留厩舎に居付き、文太達のサポート役となる。

『たいようのマキバオー』に登場する動物。牡の競走馬。酒井厩舎所属。文太(ヒノデマキバオー)と同じ生年月日だが、文太とは対照的に輝かしい成績を収めている。優しく明るい性格で、文太とは友人同士であり、良き... 関連ページ:フィールオーライ

カスケード

『たいようのマキバオー』に登場する動物。かつてミドリマキバオーと数々の名勝を繰り広げた。現在は種牡馬としても数々の強豪馬を輩出している。ジャパンカップに東京競馬場のパドック展示に招待され、ミドリマキバオーの血を引く文太(ヒノデマキバオー)、フィールオーライと対面し、彼らの能力を見抜く。

嶋島 智之

元週刊競馬ゴング記者だったが職を失い、馬券師として日々の糧を繋いでいる。フィールオーライブームを快く思わず、かつてのミドリマキバオー、カスケードを最強と叫ぶが、周りからは軽蔑されている。

小夏

『たいようのマキバオー』に登場する動物。牝の競走馬。ハヤト(福留隼人)が主戦騎手を務めている。馬房は文太(ヒノデマキバオー)と隣同士。実力はあるが勝利に結びつかず、本人も気にしている。文太を客寄せのために酷使し続ける高知競馬の広報吉田孝俊に反発し、度々股間に後ろ蹴りを喰らわせている。

吉田 孝俊

高知競馬の広報担当。人気者の文太を酷使して高知競馬を立て直そうとしている。文太の扱に反感を持つハヤト(福留隼人)とその父福留政親とは険悪な状態だった。

SHARE
EC
Amazon
logo