白猫斎

忍者ハットリくん(漫画)の登場人物。読みは「はくびょうさい」。別称、白猫斉。

  • 白猫斎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
忍者ハットリくん(漫画)
正式名称
白猫斎
ふりがな
はくびょうさい
別称
白猫斉

総合スレッド

白猫斎(忍者ハットリくん)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

甲賀の忍者猫の総元締めで、100年は生きていると言われる。常に堂々たる態度で、フサフサした毛に覆われており、額には「影十字」の印がある。相手の脳内にテレパシーで語りかける他、念力、透視、催眠術などを使う。また猫まねきの術で竜巻を作り、相手に触れずに何度も叩き落とす。

「泣く子も黙る」「トラも逃げる」などと言われ、下っ端の弟子だった影千代白猫斎をものすごく恐れている。人間のケムマキさえも白猫斎には敬語を使う。

登場人物・キャラクター

ケムマキを「ボス」「ご主人さま」と呼んで仕える、甲賀の忍者黒猫。2本足で立って歩き、人間の言葉を喋る。主に偵察係を務めている。額には「影十字」と呼ばれる印があり、首にはスカーフを巻いている。1人称は「...

登場作品

伊賀の里からやってきた少年忍者ハットリくんと仲間たちは、ケン一くんの家に居候することになった。生真面目で社会に馴染みのなかったハットリくんだが、得意の忍法でケン一くんを助けて大活躍する。甲賀の少年忍者...