直死の魔眼

直死の魔眼

劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)(アニメ映画)に登場する、両義式が持つこの世のこの世のすべての物の死を視ることのできる眼を持つ持つ特殊能力。読みは「ちょくしのまがん」。

登場作品
劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)(アニメ映画)
正式名称
直死の魔眼
ふりがな
ちょくしのまがん
関連商品
Amazon 楽天

概要

「死」を視覚情報として捉えることができ、そこを突く、あるいは裁つことによって、対象を殺すことができる。

関連人物・キャラクター

両義式

不慮の事故による2年間の昏睡状態を経て、この世のすべての物の死を視ることのできる直死の魔眼を獲得した少女。中性的かつ端正な顔立ちだが、淡白な性格で人付き合いを避けがち。和服を普段着にしており、その上に... 関連ページ:両義式

登場作品

劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)

1999年、連続猟奇殺人事件が再び街で発生した。それに合わせるように、万物の死を視ることのできる直死の魔眼を持つ両儀式は、高校時代からの友人である黒桐幹也の前から突如姿を消した。3年前、自らを人殺しと... 関連ページ:劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
両義式
登場作品
劇場版 空の境界 第七章 殺人考察(後)
logo