真紅 果林

真紅 果林

かりん(漫画)の主人公。読みは「まあか かりん」。

登場作品
かりん(漫画)
正式名称
真紅 果林
ふりがな
まあか かりん
関連商品
Amazon 楽天

概要

1987年10月13日生まれ。身長152cm。スリーサイズはB:89cm、W:52cm、H:77cmで、Eカップの巨乳。髪は小豆色でおかっぱ。とんでもないドジッ子で、ふたつのことを同時に考えられない。吸血鬼の一族だが、血を吸うのではなく、自分の血が増えすぎてしまうため、他人を噛んで血を注入するという「増血鬼」である。

襲った相手の記憶を消す吸血鬼の能力も未熟で、妹の真紅杏樹にやってもらうことが多い。「不幸」な人間の血に反応し、血を注入した相手は自らが望む性格になる。人を襲わずにいると、大量の鼻血を噴き出し、貧血で失神するという体質。一般の吸血鬼の弱点はまったく効かない。普通の高校生として生活しており、成績は壊滅的に悪い。

家族とは生活時間帯が異なるため、家事一切を自分でしないといけない。家族とは異なり、吸血鬼にはない人間の味覚があったため、家庭での食生活は貧しかったが、学校給食の味に感動して料理にはげみ、現在はかなりの料理上手になっている。また、家族は光熱費と無縁であるため、自分だけが必要となる食費と光熱費は、自分で稼ぐことになっている。

バイト先はファミレスのジュリアンと屋内型テーマパークのアミューズスクエア。実は増血鬼は、母方のアルマーシュ家から繋がるピスティス・ソフィアの血統によるもの。命を繋ぐ力の弱った吸血鬼の血脈を甦らせるために、すべての血を与える宿命を持つ。転校してきた生まれつきの「不幸」少年の雨水健太は、近寄るだけで増血してしまう要注意人物だったが、事情を理解して協力してもらえるようになった。

また、増血時の世話を見てもらうことや、勉強を教わる代わりに弁当を提供するなどで接近。恋心を抱くようになる。当初は種族の違いに悩みもしたが、健太の決意によって恋愛関係が成立。ブラウンリック家との確執を経て、新たな人生を始めることになる。

登場作品

かりん

丘の上の洋館に住む少女・真紅果林の一家は吸血鬼だった。少女が巻き起こす恥じらいの学園ヴァンパイアラブコメディ。 関連ページ:かりん

SHARE
EC
Amazon
logo