矢口 高雄

矢口 高雄

正式名称
矢口 高雄
ふりがな
やぐち たかお
本名
高橋 高雄
誕生日
1939年10月28日
出生地
秋田県平鹿郡増田町
備考
現、横手市増田町
関連商品
Amazon 楽天

概要

漫画家、エッセイスト。株式会社矢口プロダクション代表取締役。一般社団法人マンガジャパン会計監査。男性。高校卒業後、羽後銀行に入行。1968年『長持唄考』が「ガロ」に入選。1969年『長持唄考』を「高橋高雄」名義で「ガロ」に掲載し、デビュー。1970年、銀行を当時30歳で退職し上京。妻子があるにも関わらず、安定した職を辞しての人生最大の冒険である。その後「梶原一騎」原作の『おとこ道』などを手がけたのち、1973年、著者最大のヒット作である『釣りキチ三平』を「週刊少年マガジン」で連載する。本作は"釣りブーム"を巻き起こし、続編や読切り作品、テレビアニメ、実写映画などのメディアミックス展開がされており、1974年には、第4回講談社出版文化賞児童まんが部門を受賞する。

その他の作品に『釣りバカたち』『マタギ列伝』『おらが村』『ニッポン博物誌』『オーイやまびこ』『新・おらが村』『激濤マグニチュード7.7』『螢雪時代』などがある。また、エッセイ集『ボクの学校は山と川』も好評で、この中の一文は中学1年生用国語教科書に採用された。そして、1995年、故郷秋田県横手市増田町に「まんが美術館」を開館した。

ヒストリー

1939年10月28日

秋田県平鹿郡増田町(現・横手市増田町)に生まれる。

1968年

『長持唄考』が「ガロ」に入選。

1969年

『長持唄考』を「高橋高雄」名義で「ガロ」に掲載し、デビュー。

1970年

銀行を退職し上京。

1970年

「週刊少年サンデー」に、『おとこ道(原作・梶原一騎)』を連載。

1972年

「トップコミック」に、『マタギ列伝』を連載。

1972年

「週刊漫画アクション」に、『釣りバカたち』を連載。

1973年

「週刊少年マガジン」に、『おらが村』を連載。

1973年

「週刊少年マガジン」に、『幻の怪蛇バチヘビ』を掲載。

1973年

「週刊少年マガジン」に、『釣りキチ三平』を連載。

1977年

「週刊少年サンデー」に、『ニッポン博物誌』を連載。

1988年

「家の光協会」に、『新・おらが村』を連載。

1989年

「ビッグコミック」に、『激濤マグニチュード7.7』を連載。

1995年

秋田県横手市増田町に、「まんが美術館」を開館。

受賞

1974年

第4回  講談社出版文化賞  児童まんが部門

1976年

第5回  日本漫画家協会賞大賞

作品

1970年

おとこ道

作画

1972年

マタギ列伝

作者

1972年

釣りバカたち

作者

1973年

おらが村

作者

1973年

幻の怪蛇バチヘビ

作者

1973年

釣りキチ三平

作者

1977年

ニッポン博物誌

作者

1988年

オーイやまびこ

作者

1988年

新・おらが村

作者

1989年

激濤マグニチュード7.7

作者

1993年

螢雪時代

作者

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo