石島 土門

烈火の炎(漫画)の登場人物。読みは「いしじま どもん」。

  • 石島 土門
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
烈火の炎(漫画)
正式名称
石島 土門
ふりがな
いしじま どもん

総合スレッド

石島 土門(烈火の炎)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

大男でモヒカン頭の16歳。主人公花菱烈火とは喧嘩仲間である。腐乱犬とあだ名され、まともな殴り合いだったら烈火ですら適わないと言われるほど腕っぷしは強い。思春期真っ盛りで、欲望に忠実、頭も良くなく周りからの評価は今一つだったが、潜在能力はとても高く、経験を経るごとに大幅な成長を遂げていく。

また、使用する魔道具の数は烈火チームの中で最も多い。花屋の息子であり、花をとても大切にする。

登場人物・キャラクター

忍者に憧れる16歳の高校生。花火職人の花菱茂男の元で育てられ、火薬の使い方に長ける。産まれは戦国時代だが、赤子の頃に母、陽炎の術によって現代へと飛ばされた。織田信長に滅ぼされた火影忍軍の生き残りであり...

登場作品

炎を操る能力を持つ少年花菱烈火は、ある日他人の傷を癒す能力を持った少女、佐古下柳と出会う。お互いの秘密を打ち明け合った二人は心を通わせ、烈火は柳のことを姫と慕い、彼女のことを守り抜くことを誓った。しか...