石田 三成

石田 三成

概要

日本の戦国時代の武将・石田三成をモデルとしている。知略に優れた男で時の天下人・豊臣秀吉の懐刀。豊臣政権を盤石なものにするためにさまざまな策を弄し、自由気ままな前田慶次とは真反対の道を歩んだ。そのために慶次とはまったく反りが合わず、幾度と無く慶次の突飛な行動に翻弄され肝を冷やすこととなる。

あまりの傍若無人ぶりについに堪忍袋の緒が切れ、慶次の胸ぐらをつかんで子供のように泣きじゃくりながら恫喝。やがて来るであろう大戦・関ヶ原の合戦に心を痛めていることを吐露する。見苦しい姿を晒すこととなったが、その直後に生命をけて豊臣家を守ろうという男の顔を見せたことで、慶次も心服した顔をを見せた。

関連人物・キャラクター

豊臣秀吉

日本の戦国時代の武将・豊臣秀吉をモデルとしている。時の天下人で、傾奇者として名を馳せる前田慶次の噂を聞き、面会を望んでいた。ようやくそれが叶い、噂通りの傾きぶりに加え、豊臣秀吉を殺そうと狙っていた肝の... 関連ページ:豊臣秀吉

前田慶次

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦... 関連ページ:前田慶次

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo