神木兄弟おことわり

母子家庭で育った橘色葉は、高校入学後すぐに、母親、橘恵子の再婚相手である神木紫郎の家に引っ越すことになり、新たな家族として2人のイケメンと出会う。そんな彼らと色葉の、ドキドキな新生活を描くラブコメディ。「別冊フレンド」に連載された作品。

正式名称
神木兄弟おことわり
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
講談社コミックス別冊フレンド(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

高校1年になった橘色葉は、最初の化学のテストで4点を取ってしまう。落ち込んでいる色葉に追い打ちをかけるかのように、「神様」とまで呼ばれている人気者の神木蒼一郎が、色葉の点数を周囲に大声で言いふらしてしまう。絶望しながら家に帰ると、母親、橘恵子に、6歳と4歳の連れ子がいる神木紫郎と再婚することを告げられる。

こうして色葉は母親とともに神木宅に移り住むこととなったが、そこにはイヤミなスーパーイケメン蒼一郎と、2つ年下のキュートなイケメン、神木橙次郎がおり、彼らこそが紫郎の連れ子なのだという。話が違うと大きなショックを受ける色葉だったが、こうして2人のイケメンに囲まれながらのハラハラドキドキの同居生活がスタートする。

登場人物・キャラクター

橘 色葉 (たちばな いろは)

高校1年生の女子。ボブヘアでおっとりした可愛らしい顔つきをしている。化学のテストで4点を取ったりと、勉強が大の苦手。小さい頃に父親を亡くし、女手一つで育てられてきたが、母親が付き合っていた神木紫郎と再婚したことに伴い、彼の連れ子である神木蒼一郎、神木橙次郎と一緒に暮らすこととなる。初めは蒼一郎に成績をバカにされたり、学校では話しかけるなと、自意識過剰な発言をされて、彼を嫌っていた。 一方で、思わせぶりな態度を見せられ、次第に惹かれていくようになる。不器用で何にでも時間がかかってしまうタイプであるが、迷惑をかけまいと、陰で人一倍努力をしている。異性に対しての危機感を持たず天然気味で、蒼一郎や橙次郎も困惑させることがある。

神木 蒼一郎 (かみき そういちろう)

橘色葉と同じ高校に通っている1年生の男子。クラスは1年4組に在籍している。年齢は16歳。頭が良くて、顔もクール系イケメン、おまけに口調がキツめのどSということで、学校中の人気者。特に女子から尋常ではない人気を誇り、「神様」と呼ばれて雲の上の人として扱われている。父親、神木紫郎の再婚により、色葉と一緒に住むことになった。 異性と一つ屋根の下で暮らすという危機感のない色葉に、困惑させられることも多い。そのため、色葉に意地悪をして恋愛対象から遠ざけようとしていたが、彼女の先の読めない言動や、諦めずにやり遂げようとする真っ直ぐな姿勢に、次第に惹かれていく。

神木 橙次郎 (かみき とうじろう)

中学2年生の男子で、神木蒼一郎の2歳下の弟。年齢は14歳。兄の蒼一郎とは顔が似ていないが、クリッとした目が特徴の可愛らしい美男子。蒼一郎が橘色葉の誕生日会のための花束とプレゼントを買いに出掛けた際、デートだと勘違いして色葉と一緒にこっそりと後を付けていた。その時、ふいに色葉の胸に触れてしまい、以降は義姉ではなく女性として意識をするようになる。 携帯ゲーム「モゲッピ」にハマっており、山下セリナとはモゲッピ友達である。

山下 セリナ (やました せりな)

橘色葉と同じ高校に通っている1年生の女子。色葉のクラスメイトにして親友で、学校では常に一緒に行動している。黒髪のロングヘアで、情報に敏感なミーハーな性格をしている。特にイケメン情報には詳しく、神木蒼一郎が「神様」として崇められていると、色葉に教えたのも山下セリナである。携帯ゲームである「モゲッピ」にハマっており、神木橙次郎とはモゲッピ友達である。

橘 恵子 (たちばな けいこ)

橘色葉の母親。色葉が小さい頃に夫を亡くし、以来女手一つで彼女を育ててきた苦労人。ゆる巻きロングヘアの美人で、バリバリのキャリアウーマン。再婚相手の神木紫郎とはとても仲が良く、子供たちの前で「シロたん」と呼んで、イチャつくほどにラブラブ。紫郎たちと住み始めてからは仕事を辞め、家事に専念するようになったため、家族全員のお弁当を橘恵子が作っている。

神木 紫郎 (かみき しろう)

神木蒼一郎と神木橙次郎の父親。エリートサラリーマンとして活躍しており、年齢は42歳。橘恵子と再婚し、橘色葉の義父となった。長身で髪をオールバックにした渋いイケメンで、顔は蒼一郎に似ている。息子の蒼一郎と橙次郎を男手一つで育ててきたためか、2人には厳しい。しかし、妻の恵子には激甘で、恵子からは「シロたん」と呼ばれており、子供たちの前でもイチャつくほどのラブラブぶり。 また、色葉のこともいつも温かい目で見守っており、実の父親のように接している。

森下 カナ (もりした かな)

橘色葉と同じ高校に通っている1年生の女子。神木蒼一郎と同じ1年4組に所属している。ゆるふわロングヘアの美少女で、男女ともに人気がある。蒼一郎が「彼女を作る」と宣言すると、いち早く立候補するが、まったく自分に興味を持っていないことが分かり、失恋してしまう。木戸翠とは幼なじみで、お互い家を行き来するほど仲が良く、森下カナ自身も翠を家族の一員だと思っている。 顔が可愛いゆえに、好きな男子を取られた、と女子から妬まれることが多かった。

木戸 翠 (きど あきら)

橘色葉と同じ高校に通っている1年生の男子。神木蒼一郎と同じ1年4組に所属している。甘い顔立ちのイケメンで、周囲からは「王子」と呼ばれている。幼なじみで片想いの相手でもあった森下カナが、蒼一郎に振られたことを恨み、腹いせに蒼一郎と色葉の仲を引き裂こうと企む。だが、色葉の蒼一郎に対する真っ直ぐな恋心に打たれて改心し、以降は2人の仲を取り持つようになる。

郁人 (いくと)

神木蒼一郎のいとこで、叔母さんの息子。ショートカットの髪型で、一緒に遊んでいる相手がバテてしまうほどに元気いっぱい。神木橙次郎と橘色葉には懐いているが、見た目が恐いからか蒼一郎にはなかなか懐かない。今流行りのヒーローもののキッズアニメにハマっている。

鈴木 (すずき)

橘色葉と同じ高校に通っている男子。2年生に進級した色葉とクラスメイトになった。肉球柄の可愛らしいパーカーを羽織っている。クラスの親睦会で開かれたカラオケ大会をきっかけに、色葉のことを意識し始める。同じ班になり、レポートを作成するため海に訪れた際、周りにはやし立てられて、色葉に好意を寄せていることを伝える。しかし、彼氏がいる、ときっぱり振られてしまう。

みう

橘色葉と同じ高校に通っている女子。色葉とは同学年。髪を2つくくりにした可愛らしい女の子。1年生の時から神木蒼一郎が大好きで、猛烈なアタックを続けていた。色葉と蒼一郎が同居生活を始めた際、お弁当の中身を間違えたため、色葉が学校内でお弁当を交換するよう、蒼一郎を呼び出したことがある。それを目撃したみうは、自分のお弁当は受け取らなかったのに、と騒ぎ立てた。 これが原因で、色葉たちの同居生活が危うくバレそうになるという事態を招いた。2年生に進級し、蒼一郎が色葉と付き合うために、公開交際宣言を行って以降は、色葉を尊敬するようになり、同じ髪型に変えた。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo