神谷 正成

神谷 正成

ちょっと江戸まで(漫画)の登場人物。読みは「かみや まさなり」。

登場作品
ちょっと江戸まで(漫画)
正式名称
神谷 正成
ふりがな
かみや まさなり
関連商品
Amazon 楽天

概要

貴晄の腹心で幼いころから面倒を見てきた。貴晄の命でソウビを探しに箱根まで赴くが、幼い頃の貴晄にそっくりな天涯孤独のソウビを見て、そばで世話をしようと江戸まで連れて帰った。その後、ソウビを預かり、妻と一緒に世話を始める。ソウビの身のこなしを見て、武芸の才能を見いだし、毎日稽古をつけている。

家に連れて帰るまでは男の子だと思っていた。仕事はでき、貴晄を陰から支え、情報収集に長けている。

登場作品

ちょっと江戸まで

江戸時代が400年以上続いている時代に、山奥で育てられた大身旗本の娘、桜井そうびが、江戸の大身旗本の桜井に引き取られる様子を描く。良家の娘となった桜井そうびの半生を描いた江戸時代の物語。 関連ページ:ちょっと江戸まで

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
桜井 そうび
水戸 廸聖
桜井 貴晄
誠七
高坂 弦志郎
徳川 家享
満月院
場所
logo