私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ

食べることが大好きなOLの金子サユは、なぜか周囲の人たちから、ことあるごとに食に関するウンチクを、半ば強制的に聞かされ続ける。そんな日常をコミカルに描いたエッセイ風味の作品。「コミックフラッパー」誌上にて2012年8月号から2014年5月号まで不定期に掲載された。

正式名称
私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ
作者
ジャンル
グルメ
レーベル
MFコミックス フラッパーシリーズ(株式会社KADOKAWA)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

食べるのが大好きなこと以外はごく普通のOLである金子サユは、どういうわけか、ことあるごとに食に関する怒涛のウンチク談義へと巻き込まれてしまう日々を送っていた。食事中のみならず、仕事中や買い物中など、場所と機会を問わないさまざまなウンチクの洪水に辟易しつつも、サヨはことのほか奥深い食の世界をゆるりと楽しんでいく。

登場人物・キャラクター

主人公

柔和な雰囲気を漂わせる、おっとりとした性格のOL。職業はデザイナー。体型は華奢だが食べることが大好きで、「おいしく、たのしく、うれしく食べたい」をモットーとしている。しかし、聞き上手で大人しい性格が理... 関連ページ:金子 サユ

金子サユの職場の先輩。36歳独身の女性。仕事はできるが男性とは縁遠く、何度かサユと共に合コンに参加していた。会話中は相手が何人であっても鋭い突っ込みを入れる性格。ブランド主義で、フランスの名門料理学校... 関連ページ:赤星

青山

金子サユの職場の先輩。恰幅のいい気さくな男性で、食に関する知識が非常に豊富。ただし、ウンチクを語りだすと止まらなくなり、おまけに人の話も聞かなくなるため、サユからは一緒に食事をすることを嫌がられている。自身の身体の5分の1が揚げ物でできていると自負するほどの揚げ物好き。アニメオタクでもある。

金子サユの友人。マッシュルームカットをした明るい性格の男性。ムードメーカー的存在だが、バーベキュー会場に着火剤を持って来るのを忘れるなど、少々抜けている面がある。意外に博識で、登山中には白虎隊の自決に... 関連ページ:茶野 譲

白土

金子サユの友人で、ふくよかな女性。関西出身。鍋に関しては強いこだわりがあり、一度ウンチク魂に火がつくと、サユたちが唖然とするほどの徹底した鍋奉行ぶりを発揮する。口調はぶっきらぼうだが気配りができる性格で、サユは彼女を「(鍋)奉行というよりお母さん」であると評していた。

筑紫

金子サユの会社の後輩。素直で飲み込みが早く、さわやかな雰囲気を漂わせる男性。福岡出身でラーメンに対するこだわりが強く、大資本が運営するチェーン店のラーメン屋を画一的であるとして忌避している。会社の周辺に美味しいラーメン屋が見当たらないのが目下の悩み。

黒岩

金子サユの友人で、坊主頭のピュアな男性。温厚な性格で面倒見がよく、仲間内でバーベキューをした時は、着火剤を使わずに火を起こす方法について皆にレクチャーしていた。皆が酒を飲めるように、帰りの運転も自ら買って出る人格者。

金子サユの父親

金子サユの父親。サユのたまの帰宅を心から楽しみにしている子煩悩な父親。基本的に妻・金子マツコの尻に敷かれている。食べ物に関してはマツコいわく「発祥国原理主義」で、新婚の頃に「中国じゃ餃子は春節に食べるもの」と主張して、マツコに中国に住めと一喝されている。

金子 マツコ

金子サユの母親。眼鏡をかけたクールな女性。夫である金子サユの父親への態度は若干冷淡。「ウチは代々ダメ男につかまっちゃう家系」と自虐気味にサユにつぶやいていた。それでも夫を愛しており、正月には皆の前で「お母さんはちゃーんといい男をつかまえて幸せ」とノロけていた。

アイダ

コンビニの店員。金子サユがおでんを買うために立ち寄った際にレジにいた、眼鏡をかけた女性。コンビニにおけるおでん事情と、自身の恋愛事情を淡々とサユに語っていた。

書誌情報

私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ 全2巻 株式会社KADOKAWA〈MFコミックス フラッパーシリーズ〉 完結

第1巻

(2013年9月21日発行、 978-4840153294)

第2巻

(2014年5月23日発行、 978-4040665634)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo