• 流れ板竜二 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 秘伝包丁・鯛のうつしみ造り

秘伝包丁・鯛のうつしみ造り

秘伝包丁・鯛のうつしみ造り

流れ板竜二(漫画)の料理の技。読みは「ひでんぼうちょうたいのうつしみづくり」。

登場作品
流れ板竜二(漫画)
正式名称
秘伝包丁・鯛のうつしみ造り
ふりがな
ひでんぼうちょうたいのうつしみづくり
関連商品
Amazon 楽天

概要

「宿なし包丁」篇で登場。鯛の舟盛りで、まったく料理をしていないように見えるが、実際は紙のように薄く切った刺し身を、元の姿のように盛りつけたもの。切るにせよ盛るにせよ、尋常でない料理技術が必要。針金のような細い箸で食べる。

登場作品

流れ板竜二

ひとつの店に留まることなく流れ歩く日本料理の板前である主人公梨堂竜二は、非常に優れた腕の持ち主。老舗料亭のお家騒動を料理対決で解決したり、複雑な家庭環境のせいで自暴自棄になっていた駆け出しの板前の若者... 関連ページ:流れ板竜二

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo