種田 正一

種田 正一

まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-(漫画)の主人公。読みは「たねだ しょういち」。別称、種田 山頭火。種田健とは親族関係にある。

登場作品
まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-(漫画)
正式名称
種田 正一
ふりがな
たねだ しょういち
別称
種田 山頭火
関連商品
Amazon 楽天

概要

明治15年、山口県生まれ。後に「山頭火」の俳号を持つ俳人。10歳のとき母を自殺で亡くし、以来女性に、ひいては人間の感情にコンプレックスをもつ。文芸同人に参加した大学生時代から、俳句に優れた才能を発揮する。東京に進学するも、実家が父の放蕩で傾いたため、一時帰郷。

その際、佐藤咲野と結婚。実家の再建を図り酒造元となる。そこで一人息子の種田健を得る。しかし管理の甘さから一本の酒も世に出せず、莫大な借金を抱えて熊本へ夜逃げ。しかしそこでも、俳句への未練、人間不信から相変わらずの酒浸りの日々を送り、一念発起して単身上京するが、そこで関東大震災に遭い、衝撃とともに妻子の元に戻る。

しかし、やはり酒浸りになり、結果的に鉄道自殺未遂を引き起こす。土地の有力者、義庵和尚に助けられ、悟りを得るべく出家。家庭を捨て、雲僧として各地を巡り、発句した名作が現在でも読み継がれている。

関連人物・キャラクター

種田健

種田夫婦の一人息子。最初は父を慕っていたが、母にかける苦労を知り、震災から帰宅した頃にはすっかり軽蔑していた。しかし、寺で何かを摑もうとひたすらな父の姿をみて、「ぼくは父さまみたいにゃなりたくなかばっ... 関連ページ:種田健

登場作品

まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-

山口県の豪農・「大種田」家の跡取り息子として産まれた種田正一は、10歳のとき父の放蕩で母の自殺に遭う。以来、その母の位牌を持ち歩き、「父のようになりたくない」と足掻くが、自身もまた酒に溺れ、家庭を放棄... 関連ページ:まっすぐな道でさみしい-種田山頭火外伝-

SHARE
EC
Amazon
logo