竹花 由多加

竹花 由多加

図書館の主(漫画)の登場人物。読みは「たけはな ゆたか」。

登場作品
図書館の主(漫画)
正式名称
竹花 由多加
ふりがな
たけはな ゆたか
関連商品
Amazon 楽天

概要

大学時代、御子柴と同じ講義(司書の資格をとるためのもの。講師は相模原)を受けていた。書店勤務をしていたが、書店が図書館の管理委託を行うことになり、竹花は公立図書館で司書となり、児童書を担当することとなった。そして先輩の八重樫明日香に勧められて、タチアオイ児童図書館に見学に行く。

そこで御子柴と出会うが、御子柴は竹花のことを忘れていた。のんびりとしたタチアオイ児童図書館の雰囲気に竹花は苛立ち、御子柴をなじる。

関連人物・キャラクター

御子柴貴生

私立の児童書専門のタチアオイ児童図書館で、司書を務める青年。口は悪いが知識が非常に豊富で観察力に優れ、人を見てその人間にあった児童書を示すことができる。眼鏡をかけ、オトガイがとがっていて、いつも黒いエ... 関連ページ:御子柴貴生

登場作品

図書館の主

中小企業の課長で、すさんだ生活をしていた30代の男、宮本は、忘年会の帰りに、まだ照明が明るく点った私立のタチアオイ児童図書館に入り込んでしまう。そこで出会った口の悪い男、御子柴貴生と話をし、本の整理を... 関連ページ:図書館の主

SHARE
EC
Amazon
logo