結婚するって、本当ですか

旅行代理店に勤める本城寺莉香と大原拓也が主人公。「一人の生活」を大事にする二人は、イルクーツク支店への単身赴任を回避するために、1年後に結婚するとウソをつく。偽装結婚を計画した莉香と拓也が、次第に惹かれ合っていく姿を描くラブコメディ。小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」2020年第16号より連載を開始。2022年10月配信にて実写ドラマ化。

正式名称
結婚するって、本当ですか
ふりがな
けっこんするってほんとうですか
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
ビッグ コミックス(小学館)
巻数
既刊8巻
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

■あらすじ

大原拓也は旅行代理店JTCに勤務する24歳。会話に一瞬乗り遅れる癖が災いして、子供の頃から人付き合いが苦手。職場でも、ボーッとしていると思われ、上司から怒られてばかりだった。拓也にとっては、猫と一緒にアパートで一人でいる時間が一番の癒やしだった。拓也の斜め前の席の本城寺莉香は、1年先輩の同僚。拓也は毎日のように莉香に睨(にら)みつけられるため、密かに彼女を恐れていた。しかし、莉香は怒っているわけではなかった。彼女は中々言葉が出てこず、無表情で人を凝視する癖があるだけだった。彼女もまた人付き合いが苦手なタイプで、家で一人で地図を眺めることが一番の幸せという女性だった。ある日の朝礼。1年後にシベリアのイルクーツクに支店が開設され、誰か一人が支店長として派遣されることが発表された。単身赴任には遠いという理由で、独身者が優先されるという。拓也は「猫がいるから行けない」と申し出るが上司に一蹴された。他の猫にいじめられてケガをしているところを拾い、やっと心を開きつつある猫を放って引っ越しはできない。そう考えた拓也は、自分がイルクーツク行きを命じられた場合を考えて、会社を辞める決意をした。数日後の休日。猫を動物病院に連れて行った帰り、公園で拓也は莉香と遭遇した。会社を辞めるという拓也に向かって、莉香は自分と結婚しないかと切り出した。啞然とする拓也に莉香は説明を始める。イルクーツク支店行きは独身者が優先される。コミュニケーション不全な自分には致命的だが、命令されたら断れない。また、拓也も猫のために引っ越せない。だから、二人が結婚するフリをすれば、イルクーツク行きを免れることができるというのだ。噓の結婚なんてすぐバレないだろうかと心配する拓也だったが、莉香は自分たちはすごく地味だから大丈夫だと言った。大して話題にもならず、転勤がなくなったらウヤムヤにしてしまえばよいと説明する。拓也は納得して、偽装結婚を承諾した。翌日、結婚することを上司に報告に行く二人。すると、上司は予想外に大喜びし、社内に大声で二人の結婚を発表した。職場の同僚たちの受けもよく、二人の結婚はみんなに祝福され、大騒ぎとなった。こうして二人の偽装結婚計画は前途多難のうちに幕を開けるのだった。

■メディア化

2022年10月、葵わかなと佐藤寛太の主演にて実写ドラマ化。Amazon Prime Videoにて独占配信。

登場人物・キャラクター

大原 拓也 (おおはら たくや)

首都圏の旅行代理店JTCに勤務する24歳のメガネ男子。話しかけられると「なんて答えよう」と考えてしまうため、会話に乗り遅れてしまう。そのため、子供の頃から人付き合いが苦手で、職場でもよく怒られる。優しい性格で、他の猫にいじめられてボロボロになっていた猫を拾って飼っている。独身者優先のイルクーツク支店行きを回避するため、先輩である本城寺莉香と偽装結婚を計画する。

本城寺 莉香 (ほんじょうじ りか)

首都圏の旅行代理店JTCに勤務する26歳のOL。無表情で人を凝視する癖があり、そのせいで周りからは怖い人だと思われがち。一人暮らしの部屋で、地図を眺めることを無上の喜びとしている。1年後に開設されるイルクーツク支店への派遣が、独身者優先であることから、同僚の大原拓也に偽装結婚を持ちかける。

書誌情報

結婚するって、本当ですか 8巻 小学館〈ビッグ コミックス〉

第1巻

(2020-08-07発行、 978-4098606481)

第2巻

(2020-11-12発行、 978-4098607594)

第3巻

(2021-03-12発行、 978-4098608805)

第4巻

(2021-07-12発行、 978-4098610723)

第5巻

(2021-11-12発行、 978-4098611805)

第6巻

(2022-03-11発行、 978-4098612581)

第7巻

(2022-07-12発行、 978-4098613281)

第8巻

(2022-10-12発行、 978-4098614271)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo