神のみぞ知るセカイ

ギャルゲー好きの高校生・桂木桂馬が、悪魔に取り憑かれた女性たちを解放するために次々と口説き落としていく姿を描くラブコメディ。

正式名称
神のみぞ知るセカイ
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全26巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

桂馬とエルシィの出会い(第1巻)

通算5000本以上もの「ギャルゲー」を攻略して来た少年・桂木桂馬は、ある日攻略してほしい女がいると書かれた変なメールを受け取る。そのメールに返信をした途端、桂馬の目の前にエリュシア・デ・ルート・イーマという少女が現れた。エリュシアは桂馬に地獄との契約が完了したと告げると同時に、いっしょに駆け魂を捕まえようと誘う。駆け魂を捕まえるにはクラスメイトの高原歩美を恋に落とさなければならないと知った桂馬は、その誘いを断ろうとするが、地獄との契約を結んだ桂馬は、駆け魂を捕まえなければ首を斬られてしまう。そこで桂馬は、「ギャルゲー」で培った知識を活かし、歩美の攻略を開始する。

高原歩美編(第1巻)

桂木桂馬高原歩美を攻略するために、陸上部で走っている彼女を応援し始めた。だが、学校中で「キモ男」として認知されている桂馬の応援を受けた歩美は、露骨に嫌そうなそぶりを見せる。しかし、桂馬は「ギャルゲー」では「嫌い」と「好き」は変換可能だと言って、嫌がられながらも歩美の応援を続ける。そんな中、桂馬は歩美が先輩達に気遣って練習中にケガをしたそぶりを見せ、大会に出場しないようにしている事を見抜く。そこで桂馬は歩美を呼び出し、大会に出場するように訴えかける。そんな桂馬から勇気をもらった歩美は、桂馬に好意を寄せるようになる。それにより歩美の中から駆け魂を出す事に成功した。

青山美生編(第1巻)

桂木桂馬は同じ学校に通うお嬢様・青山美生を攻略する事になった。桂馬は美生の外見から彼女の性格を「ツンデレ」だと決めつけ、「ツンデレ」のキャラを攻略するための方法を試してみるがうまくいかない。そこで桂馬は美生の情報を集めるために彼女のあとをつけ、彼女がお嬢様を装っている貧乏少女だと知る。そして、桂馬は美生の秘密を守ると彼女に告げ、その手伝いをするという体で彼女との関係を築く。そして桂馬は、美生が亡き父を忘れないためにお嬢様として振る舞っている事を知り、彼女に対して、もう自分の人生を歩むべきだと告げる。そんな桂馬の言葉により美生は攻略され、駆け魂が美生の中から追い出された。

中川かのん編(第2巻)

アイドルとして大人気の中川かのんは、人から知られない存在になる事を怖れていた。そんな中、かのんはクラスメイトの桂木桂馬から興味を持たれていない事を知り、そのショックで駆け魂に入り込まれてしまった。それを知った桂馬はかのんを攻略する事になるも、かのんからの誘いには無関心を貫こうとする。桂馬は「ギャルゲー」から得た知識により、ヒロインから誘われる際にはトラップの可能性があると警戒していたのだ。そんな中、かのんが大きなショックを受けた事で駆け魂の能力が発動、透明になってしまう。それにより桂馬はかのんの悩みを知り、攻略が進んでいると把握する。そんな中、かのんは大舞台でのライブ前にみんなの前から姿を消してしまう。そこで桂馬はかのんをいち早く発見し、アイドルとしてみんなの前で輝くべきだと諭す。それによりかのんは攻略され、駆け魂がかのんの中から追い出される。

汐宮栞編(第2巻)

桂木桂馬汐宮栞を攻略する事になるも、栞が無口過ぎるためになかなか進展しない。そこで桂馬は栞を怒らせる事で、本音を聞き出そうとする。そんな中、栞は図書館での視聴覚ブース設置に反対の姿勢を示し、図書館に立て籠もってしまう。そこで桂馬は立て籠もっている栞のもとに赴き、いっしょに立て籠もる。栞は桂馬にずっと図書館で静かに暮らしていたいと口にするも、桂馬にそれがウソだと見抜かれてしまう。そして栞は自分が本当はみんなとしゃべりたかった事を気づかされる。そして桂馬からみんなとしゃべる勇気をもらった栞は、図書館への立て籠もりを止め、視聴覚ブースの設置には反対だとみんなに本音をぶつける。

春日楠編(第3巻)

桂木桂馬は、空手部の主将・春日楠の中に駆け魂がいる事に気づき、空手部に入部して楠への弟子入りを志願する。そして、桂馬は楠がかわいいものが大好きだという事を知る。しかし、楠はそんな嗜好を捨て去りたいと考えており、その矛盾した思いが駆け魂の力により増幅、結果「かわいいものが好きな楠」と「普通の楠」とで分裂してしまう。そこで桂馬は、楠にかわいいものが好きな楠と戦って、それを叩き伏せる事を提案する。そして、かわいいものが好きな楠を出現させるため、桂馬は楠とデートをする事になった。その後、デートの影響によりかわいいものが好きな楠を実体化させる事に成功し、楠と対決する事になる。

ハクア編(第4巻)

エリュシア・デ・ルート・イーマのもとに、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムと共に地獄からの命令が届く。その内容は、ほかの地区の担当者が駆け魂を取り逃がしたために、その対応をしてほしいというものだった。桂木桂馬はハクアが駆け魂を逃がした張本人である事を知りつつ、手伝ってやろうかと話を持ち掛け、ハクアから地獄に関する情報を提供する事を求める。桂馬の手助けにより駆け魂のいる場所を見つけたハクアだったが、強力になった駆け魂の対処に困ってしまう。さらにハクアは心の隙間につけ入られて、駆け魂にあやつられてしまう。

小阪ちひろ編(第4巻)

桂木桂馬はクラスメイトの小阪ちひろの中に駆け魂がいる事を知る。しかし、ちひろは桂馬にとって苦手な人物であるうえに、彼女にはほかに好きな人がいた。そのため桂馬は、ちひろの攻略をあきらめようとしていたが、ちひろの恋愛をサポートして、その相手に駆け魂を出させればいいと気づく。そんな桂馬の助力により、ちひろは片思いの相手と徐々になかよくなっていく。しかし、必死にサポートする桂馬とは違い、ちひろはどこか恋愛にまじめではなかった。そして桂馬は、ちひろにもっとまじめになれと怒ってしまう。その言葉により傷ついたちひろの心の隙間はさらに広がってしまう。

長瀬純編(第4巻~第5巻)

長瀬純が教育実習生として、母校である私立舞島学園高等部にやって来る。そして純は、誰もが匙を投げている問題児・桂木桂馬の更生を決意する。すると純の中に駆け魂が入り込み、桂馬はそんな純の攻略を行おうとする。そこで桂馬は教師と生徒という関係では攻略が難しくなると考え、学校では純とできるだけかかわり合いを持たないようにする。しかし一方の純は、桂馬に積極的に話し掛けて来る。そんな純の行動によって桂馬の考えとは裏腹に、二人は教師と生徒という関係性が定着してしまう。そこで桂馬は生徒という立場から純を攻略する事に決め、そのための情報を二階堂由梨から得ようとする。そして桂馬は、純が高校生の頃問題を起こしていた事を知る。一方、純は生徒に理想を押しつけるあまり、生徒達から厄介者扱いされ始めていた。

九条月夜編(第5巻)

桂木桂馬が攻略する事になった九条月夜が、突然謎の失踪を遂げた。桂馬がエリュシア・デ・ルート・イーマの持つセンサーを頼りに月夜の居場所を探っていると、月夜の身体は駆け魂の影響により、人形大の大きさまで縮んでしまっていた。月夜は、人との関係を断つ生き方を望んでおり、身体が小さくなった事で期せずして望みを叶えていた。だが、それでは心の隙間が埋まらないと考えた桂馬は、月夜には内緒で彼女の周囲の物を大きくし、月夜が徐々に小さくなっているかのように演出する。しかし、それを悟った月夜は桂馬のもとからいなくなってしまう。

ハクアのバディ編(第6巻)

ある日、桂木桂馬は家に遊びに来ていたハクア・ド・ロット・ヘルミニウムに、勝った方がなんでも言う事を聞くというルールのもと、地獄の定番ゲームで勝負を挑む。自信満々で桂馬の挑戦を受けるハクアだったが、ゲームと名の付くものには滅法強い桂馬を相手に、連敗を重ねていく。こうして賭けに勝った桂馬は、ハクアに「恋愛」以外で駆け魂を捕まえる方法を教えるよう求める。さらに桂馬は、ハクアの協力者がどんな方法で駆け魂を出しているのかと尋ねる。その問いにハクアが答えをはぐらかす中、彼女の協力者・丸井雪枝がやって来る。桂馬は雪枝から情報を得るため、彼女に気に入られようと行動を開始する。

生駒みなみ編(第6巻)

水泳部に所属している少女・生駒みなみは、中学生最後の大会を前にしてレギュラーから漏れてしまう。しかし、ずっと部活に打ち込んでいたみなみにはほかにやりたい事が見つけられず、その心の隙間に駆け魂が入り込んでしまう。そんなある日、放課後のプールに行ったみなみは、そこに桂木桂馬の姿を見つける。彼の事が気になるみなみだったが、桂馬が高等部で「キモ男」として非難されている事を知る。しかし、みなみには「キモ男」と呼ばれている桂馬と、プールで見た桂馬とではギャップがあり過ぎて、どうしてもその印象が結びつかない。だが、それこそが桂馬の狙いだった。桂馬は先輩と後輩という関係性を利用して、みなみにギャップのある印象を与え、彼女の中で自分の存在をどんどん大きなものとしていく。

鮎川天理編(第7巻)

桂木桂馬の自宅に小学生の頃のクラスメイト鮎川天理が母親と共に挨拶にやって来た。しかし桂馬は天理の事を覚えておらず、天理もまた桂馬の事を覚えていないと口にする。そんな中、天理の中に駆け魂の反応が検知された。そこで桂馬は天理を攻略する事にするも、天理の反応は通常の駆け魂の入った少女とは違っていた。一方、桂馬と同様に天理の中の駆け魂の捕獲を狙っていたノーラ・フロリアン・レオリオは、桂馬に駆け魂の捕獲を邪魔され、彼を殺そうとする。桂馬は天理と共に逃げ出すが、そんな中、天理は実は桂馬の事をずっと覚えていたと語り、私立舞島学園の地下から逃げようと提案する。そして、逃走を重ねるうちに天理の事を思い出し始めた桂馬に対し、彼女は自分の中にいる駆け魂の名前がディアナだと告げる。そしてディアナは、自分は駆け魂ではなく「女神」だと話し始める。

田舎への帰省編(第7巻~第8巻)

祖父のいる田舎へと帰省する事になった桂木桂馬は、そこで言動が不気味な幼い少女・南波愛梨と出会う。さらにその日の夜中、愛梨そっくりの幽霊を目撃してしまう。桂馬はそれを駆け魂の影響だと判断するが、エリュシア・デ・ルート・イーマの持つセンサーには反応がなかった。それによりエリュシアが本物のお化けだと怖がってしまうが、桂馬はあくまでも駆け魂の影響を疑っていた。そして、愛梨そっくりの幽霊に会いに行く事を決め、エリュシアに駆け魂の説得を頼んだ。実は駆け魂に入り込まれていたのは愛梨ではなく、その祖母・日永梨枝子だった。

上本スミレ編(第8巻)

ラーメン屋の看板娘・上本スミレの中に駆け魂がいるとわかった桂木桂馬は、スミレの父親・上本満夫に頼み込んでラーメン屋で働かせてもらう事になった。桂馬は満夫も認めるほどの働きぶりを見せる事で、店に溶け込む事に成功する。スミレは満夫に認められるために新しいラーメンを作る事を決め、桂馬にその味見を頼む事になる。桂馬は味見役を務める事によって、スミレの好感度アップを狙うが、スミレの作るラーメンは桂馬の想像以上にまずかった。さらに満夫はスミレがラーメンを作る事自体を認めず、彼女の作ったラーメンを流し台に捨ててしまう。そんな中、桂馬は満夫が自分の冴えない店を娘に継がせたくなくて、わざと彼女に嫌われるような態度を取っている事を知る。

榛原七香編(第8巻~第9巻)

桂木桂馬は、榛原七香の中に駆け魂が入っている事を知る。七香はディアナ相手に将棋で負けて以来、その悔しさから心に隙間ができていた。桂馬は七香を攻略する手始めとして、まず彼女に将棋で勝利をおさめる。そして、桂馬はディアナに攻略のサポートを頼むも、ディアナは桂馬がキスをして駆け魂を追い出している事を聞き、怒ってしまう。そして、桂馬に将棋の勝負を挑み、桂馬もまた、ディアナの挑戦を受ける事に決める。しかし、桂馬は本気で挑んだものの、ディアナに敗北を喫してしまう。そこで桂馬は七香と共に寝ずの将棋特訓を開始する。

五位堂結編(第9巻~第10巻)

桂木桂馬五位堂結の中に駆け魂が入っている事を知る。由緒正しき五位堂家のお嬢様である結は母親に過保護に扱われるあまり、大好きだった吹奏楽部を辞めさせられてしまう。そして、結は表向きには母親に逆らえなかった事から、心の隙間を作ってしまう。そんな中、桂馬は結を攻略するためにアプローチを開始するが、駆け魂の影響により桂馬と結の身体が入れ替わってしまった。そこで桂馬は結が元の生活に戻りたいと思うまで待つ事を決めるも、結は桂馬の想像以上に身体の入れ替わった生活を楽しんでしまっていた。一方、桂馬もまた、身体が入れ替わった事により思考が女性らしく変化してしまい、そんな自分の変化を受け入れられない桂馬は絶望する。

春日檜編(第10巻~第11巻)

春日檜の中に駆け魂がいるとわかった桂木桂馬は、彼女から現在どう思われているかを確認するため、彼女の胸を誤って触ってしまう演技を行った。それにより桂馬は檜から男としては見られていない事を察する。そこで桂馬はファンという立ち位置から檜を攻略しようと企むも、相手にされなかった。そんな中、檜は駆け魂の影響で身体が巨大化してしまう。檜はそれを自覚していない素振りを見せていたが、桂馬の計略によりウソだった事が判明。そこで桂馬は巨大化した檜を気遣い始め、檜との距離感を縮める事に成功する。そして、桂馬は檜が妹・春日楠のあこがれに応えるため、つねに強い自分である必要があった事を知る。そのプライドの高さ故に駆け魂に付け込まれてしまい、身体までも大きくなってしまったのだ。そんな中、楠に変装した何者かが檜に向かって、彼女の心の隙間が広がるようなひどい事を口にする。それにより傷ついた檜の中の駆け魂が一気に成長し、暴走を始めてしまう。桂馬は暴走状態になった檜を元に戻すため、楠と協力して彼女を止めようとする。

倉川灯編(第12巻)

生物部の生徒・倉川灯の中に駆け魂がいる事が判明したものの、エリュシア・デ・ルート・イーマはテスト勉強で忙しいため、灯の攻略は桂木桂馬一人で行う事になった。そんな中、桂馬は灯が「完全な人間」と称したロボットを作ろうとしている事を知る。そこで桂馬は灯の人間作りを手伝う事に決め、愛があればロボットは人間になれると灯に説く。それを信じようとはしない灯に、桂馬はキスをする事で動揺を誘おうと試みるが、灯はまったく動じる様子を見せない。さらに灯は桂馬に何度も無理矢理キスをして来ようとする。それによる桂馬の動揺を見た灯は、完全な人間にはほど遠いと桂馬を見限ってしまう。しかし桂馬はあきらめず、灯に対してなんで完全な人間を作りたいのかと尋ね、その反応から桂馬は灯が完全な世界を夢見る事で、心に隙間を作ってしまったのだと悟る。そして、完全な人間とはなんだろうかという疑問を改めてぶつけるのだった。

女神編・その1(第12巻~第14巻)

アイドルとして忙しい毎日を送っていた中川かのんは、自分の中に「女神」を自称する人物アポロがいる事に気づいた。同時にかのんは、桂木桂馬に恋をしていた頃の記憶を思い出していた。そんな中、かのんは女神を狙う謎の人物から命を狙われるようになる。一方の桂馬は、かのんと交流するうちにアポロの存在に気づくが、アポロは桂馬に迷惑を掛けられないとその場を去る。その後、かのんとアポロは、正統悪魔社のフィオーレ・ローデリア・ラビニエリに腹部を刺されてしまう。重症のかのんを発見した桂馬は自宅にかのんを運び、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムディアナを呼び出して状況の把握に努める。それにより桂馬は、かのんはまだ生きているものの、呪いによりこのままでは持って1週間の命しかない事や、かのんを助けるためにほかの女神の力が必要な事を知る。そこで桂馬は、ひとまずエリュシア・デ・ルート・イーマにかのんの身代わりを務めるよう頼み、自分はハクアと共に女神がいそうな人物を探し始める。九条月夜五位堂結汐宮栞高原歩美小阪ちひろの中に残り四人の女神がいる事を確信した桂馬は、それぞれに対して同時攻略を開始。だが、そのための計画は1時間単位で動くという厳しいスケジュールとなる。

女神編・その2(第14巻~第15巻)

桂木桂馬のもとに、駆け魂隊の増員により新たにこの地区の担当者になったと、フィオーレ・ローデリア・ラビニエリが挨拶にやって来た。しかし桂馬は、フィオーレが正統悪魔社の者だと瞬時に見抜き、彼女を拘束。その処遇を、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムと、彼女の協力者となったノーラ・フロリアン・レオリオに任せる。その後、桂馬は汐宮栞と会うために図書館を訪れるが、そこで謎のポルターガイスト現象に襲われる。その現象を起こしたのは九条月夜の持っていた人形であり、月夜の中には女神ウルカヌスが宿っていたのである。桂馬を月夜に近づく不埒者だと判断したウルカヌスの攻撃をなんとか掻い潜り、桂馬は月夜のもとへと向かう。しかし、月夜は自身が攻略された頃の記憶を思い出しており、桂馬に対して怒りを覚えていた。そんな彼女に対し、桂馬は必死の説得を行い、再び愛を育む事に成功。これによりウルカヌスは女神としての力を大きく取り戻すのだった。その頃、ハクアとノーラは隙を突かれ、逆にフィオーレに捕らえられていた。そこへ戻った桂馬は、わざと捕まったふりをしてフィオーレから多くの情報を引き出す。この情報は同時にウルカヌスにも伝わっており、彼女の協力のもと桂馬は再びフィオーレを捕らえる事に成功する。そして、ウルカヌスとディアナの力を借りて中川かのんにかかっていた呪いを解くが、アポロがすでに「水化術」と呼ばれる防御策を取っていたため、かのんが目覚める事はなかった。

女神編・その3(第15巻~第16巻)

水化術を解くために女神メルクリウスの力が必要な事を知った桂木桂馬は、ひとまず五位堂結の攻略を進めようと決める。しかし、男装して迫って来る結を相手に、桂馬はペースをつかめず翻弄されてしまう。そこで桂馬は考え方を変え、自らをヒロインの立場に置く事で、逆に結に攻略されるという方法を選ぶ。結の好みに合うように女装し、彼女を遊園地デートに誘った桂馬は、結の中で目覚め、彼女の恋を応援する女神マルスの協力を取りつける事に成功する。しかしそのデートの最中、桂馬は汐宮栞に女装した姿を見られていた。栞は大いに混乱するが、桂馬はあえて女装した姿で彼女に会いに行く。桂馬は栞が書きかけの小説を完成させる事こそが、彼女を攻略する手助けになると考えており、自分の女装姿を見せる事で小説の題材になろうと考えたのだ。この作戦は結局うまくはいかなかったものの、桂馬の誠実なアドバイスにより、栞は無事に小説を完成させる。さらに小説の完成を受け、栞の中にいる女神ミネルヴァが目を覚ますのだった。残る二人、高原歩美小阪ちひろのどちらかに女神メルクリウスがいると確信した桂馬は、彼女達の攻略に移行する。その頃、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムは地獄にやって来ていた。だが、ハクアは無実の罪を着せられて投獄されてしまう。

女神編・その4(第16巻~第17巻)

ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムがもたらした情報から、仲間が拘束されている事を知った正統悪魔社は、誰が捕らわれているのかを探るため、刺客のリューネを派遣した。リューネはフィオーレ・ローデリア・ラビニエリが応答しない事を訝しみ、彼女が捕らえられている桂木家の近くまでやって来るが、風邪で倒れた桂木桂馬の代わりに応対した浅間亮の機転によって、桂木家から去って行く。一方の桂馬は、自身が風邪を引いた事を利用して、高原歩美を相手にお見舞いイベントを仕掛けようと計画する。しかし歩美だけでなく、絶対に来ないように仕向けていた小阪ちひろまでもが、桂馬の家にお見舞いに来てしまう。修羅場にならないようにと、桂馬は歩美の存在をちひろに隠そうとするが、ちひろが突然桂馬に告白。桂馬は聞いていないふりをしてどうにかその場をしのいだものの、隠れてちひろの告白を聞いた歩美は、桂馬から身を引く決意を固めてしまうのだった。そんな状況に頭を悩ませる桂馬の前にディアナが現れ、一刻も早く水化術を解かせるためにアポロを目覚めさせるべきだと進言。四人の女神マルス、ウルカヌス、ミネルヴァ、ディアナが協力してアポロに呼び掛ける中、桂馬はアポロに呼ばれて彼女の意識の中に潜り、アポロが目を覚まさない理由を知るのだった。その頃、ハクア・ド・ロット・ヘルミニウムは、秘密を吐くよう拷問されていた。それでも口を割らないハクアに対し、ついに記憶抹消が行われる事となったが、そこにドクロウ・スカールが姿を現す。

女神編・その5(第17巻~第19巻)

桂木桂馬は風邪から快復したが、高原歩美小阪ちひろのどちらに女神がいるのかわからず、積極的な手が打てずにいた。ある日、ちひろから舞校祭の前夜祭に開催されるキャンプファイヤーに誘われた桂馬は、これを利用してちひろに歩美との仲介を頼み、どうにか歩美とのつながりを再び作る事に成功する。だが歩美は、あくまでもちひろの応援に徹していた。そんな中、桂馬はちひろの中に女神がいない事を悟る。桂馬は自己嫌悪を抱きながらも、歩美攻略のために仕方なくちひろを邪険に扱うが、その様子を目撃していた歩美は、桂馬に対し激怒してしまい、攻略は遅々として進まない。その頃、女神の存在に気づいたリューネは、正統悪魔社のメンバーを集めていた。そして、桂馬、歩美、ちひろの三人は正統悪魔社の襲撃を受け、ほかの女神の多くと共に、正統悪魔社に捕らえられてしまう。ドクロウ・スカールに助けられ、地獄から戻っていたハクア・ド・ロット・ヘルミニウムにより桂馬達は救出されるが、ディアナとメルクリウス以外の女神達は、正統悪魔社に捕らえられたままだった。さらに正統悪魔社が、人間界に旧地獄を復活させようと企んでいる事を知った桂馬は、それを阻止するために急ぎ歩美を攻略しようと、決意を新たに彼女の自宅へと向かう。途中、ちひろに本心で話し合うようアドバイスを受けた桂馬は、歩美にアプローチを開始。それを邪魔をしにやって来たリューネをハクアが食い止めるあいだに、桂馬は歩美の攻略に成功し、彼女の中にいる女神メルクリウスをついに目覚めさせる。こうして六人の女神が揃い、正統悪魔社の企みは未然に防がれるのだった。

過去編・その1(第20巻~第22巻)

女神を見つける事に成功した桂木桂馬は、ようやく協力者の任から解かれると考えていた。しかし、桂馬は訳がわからぬままに意識だけを10年前に飛ばされてしまい、気がついた時には幼い頃の身体になっていた。そして、桂馬はエリュシア・デ・ルート・イーマと共に、事前に渡されていた「鍵」によって示された場所へと向かう。すると、その場所にいた少女が、突然飛び降りてしまう。その後、少女が死のうとすれば、時間がリセットされる事に気づいた桂馬は、今度こそ少女の飛び降り自殺を未然に防ごうと試みる。その結果、三度目のトライで桂馬はドクロウの飛び降り自殺を防ぐ事に成功する。そこで桂馬はドクロウを攻略するために、まずは彼女を家に連れて帰る事にした。ドクロウは食事やトイレの方法すら知らず、桂馬がその世話をする羽目になってしまう。次の日の朝、桂馬が小学校に行くと、「鍵」によって今度はクラスメイトの白鳥うららが示される。そこで桂馬はうららの攻略を行う事を決意した。その日の放課後、うららとなかよくなった桂馬は、うららからいっしょに怖い物を見ようと誘われる。うららが持って来たのは成人誌で、さらにうららはその本に載っている事を試してみないかと言い始める。桂馬はこの成人誌を使って騒ぎを起こせば、白鳥家の関係者に会えると考える。その作戦により桂馬は白鳥家の当主・白鳥正太郎と会う事に成功した。しかし、桂馬は正太郎が話し合いをする中、海岸の工事現場で爆発が起こり、正太郎は原因究明のために現場へと向かう。一方、正太郎により眠らされていた桂馬は、目が覚めた途端、正統悪魔社に襲われてしまう。それをエリュシアに助けられた桂馬は、この騒ぎに正統悪魔社がかかわっていると確信する。そして、正太郎が危ないからと、エリュシアやドクロウと共にテーマパークの建設現場に向かった。

過去編・その2(第22巻~第23巻)

桂木桂馬は、正統悪魔社によって半死の状態にされていた白鳥正太郎を発見した。その途端、桂馬達もまた正統悪魔社の集団によって襲われてしまう。すると、ドクロウが正統悪魔社の者達へと反撃を開始。素手であるにもかかわらず彼らを全員殺してしまう。そしてドクロウは、この時間軸にたどり着いてはいけないと桂馬に教えた。そこで桂馬は正太郎を止めて、凄惨な結末にたどり着かないようにしようと決意した。まず桂馬は白鳥うららを攻略するために、宇宙人だと名乗って接近しようとする。そして、自分が宇宙人だと信じ込ませる事で、白鳥家の屋敷の潜入に成功する。そこで桂馬は正太郎が悪魔と戦いたがる理由を知る。一方、うららの中には駆け魂が入ってしまい、駆け魂が白鳥香夜子の幻影を見せる事でうららを連れ去ろうとする。正太郎はそれを止めようとするが、駆け魂による妨害を受ける。すると、うららが駆け魂を止めようと試みた。その気持ちがうららの持っている心の隙間を塞いでいき、やがて駆け魂を追い出す事に成功した。その後、桂馬はドクロウ・スカールと通信を取る事になる。ドクロウ・スカールは女神がサテュロスによって狙われている事を察知した直後に、自らの分身である「番人」と時の流れを記憶する「鍵」を作成。そして、駆け魂と共に女神を逃がした。その後、女神が力を取り戻した暁には「番人」により未来から通信させるようにと指令を出していた。そして、ドクロウ・スカールの目論見通りに番人である「ドクロウ」が、協力者である桂馬を連れて通信して来た。その通信により桂馬は自分の役割が、自らの過去を形作るためだと認識する。

過去編・その3(第23巻~第24巻)

桂木桂馬は悪魔と戦う理由をなくした白鳥正太郎に対して、テーマパークの建設を中止にするようにと頼んだ。それにより桂馬は、校内キャンプが再開されるように仕組んだ。そして桂馬が小学校に行くと、小学校では女子生徒が互いにランキングをつけて争っていた。これでは校内キャンプの再開が難しいと桂馬が考える中、ドクロウ・スカールから通信が届く。それにより桂馬は、この騒ぎが正統悪魔社による企みである事を知った。そこで桂馬は心の隙間ができづらいクラスメイト鮎川天理をランキング上位まで押し上げる事によって、この流れを自らの手でコントロールしようと画策する。桂馬の企みは見事成功して、天理はみんなからの注目を集めるようになる。そんな中、桂馬のもとに、ランキング1位の少女・結崎香織がやって来る。香織は正統悪魔社と協力して、隙間のできた少女達を生贄として差し出そうとしていた。香織は桂馬に協力を求めようとするが、桂馬によりその誘いを断られた事で桂馬を敵視し始めた。そして、桂馬と天理は香織と、「ロミオとジュリエット」を演目とした演劇での勝負をする事になった。そんな中、香織は桂馬と天理の仲違いを画策して、天理に対して接触。それにより傷ついた天理は、桂馬のもとから逃げ出してしまう。そして、桂馬は天理を巻き込んで傷つけてしまった事に責任を感じてしまい、この時間軸から離れる事を決意する。

過去編・その4(第24巻~第25巻)

桂木桂馬鮎川天理と舞台に立って「ロミオとジュリエット」の演目を始めるが、途中から本来の台本とはまったく違う流れで演劇を進行していく。それにより桂馬達は、大きな注目を集める事に成功した。一方、結崎香織は正統悪魔社に裏切られ、生贄として捧げられる事になってしまう。そんな中、桂馬はエリュシア・デ・ルート・イーマに心の隙間が作られる予定の少女達の身代わりを用意させた。そして、正統悪魔社にはその身代わりに隙間を作らせる事により、企みが成功したと思わせる事を画策する。その作戦は見事成功して、正統悪魔社は自分達の企みが成功したと思い込んで小学校を去って行った。ドクロウは少女達に信号を発する首輪をつける事により、彼女達に身の危険が及ばないようにすると、桂馬にも危険が及ばないように、彼のもとから去っていった。一方、未来ではサテュロスが女神に対して攻撃を開始していた。そんな中、白鳥正太郎が女神達のもとに現れて、彼女達を救出する。そして、正太郎の働きかけによってユピテルの姉妹が集結していた。そんな中、リューネが桂馬を過去に送った時間渡航機を偶然発見してしまう。

過去編・その5(第26巻)

二階堂由梨は時間渡航機が壊されるのを阻止するために、リューネに戦いを挑んだ。そして、由梨はリューネを倒す事に成功するも、その余波で張られていた結界を解いてしまう。それによりサテュロスのあやつる巨人がやって来て、時間渡航機を破壊。こうして桂木桂馬は過去から未来に戻って来る事ができなくなり、その未来すらも世界から消滅してしまう。そんな中、消滅から免れていたユピテルの姉妹は、時間渡航機を復元し始める。そして、ユピテルの姉妹やその宿主の働きかけによって、桂馬は未来へと戻って来た。それにより過去と未来がつながり、世界が復活する。さらにサテュロスの企みはユピテルの姉妹の働きにより、未然に防がれる事となった。その後、桂馬は深層心理の中で、エリュシア・デ・ルート・イーマと出会う。実はエリュシアはサテュロスのあやつる兵器の生まれ変わりであった。そして、エリュシアは桂馬の本当の妹になりたいと願い、「桂木えり」として転生した。それにより「エリュシア・デ・ルート・イーマ」だった頃の記憶は、桂馬以外の者からは消え去る事になる。すべてが終わったあと、小阪ちひろの自宅に向かった桂馬は、ちひろに告白するもふられてしまう。その後、桂馬のもとに由梨がやって来て、ドクロウの10年後の姿である事を明かしつつ、再び桂馬のもとから去っていく。 

登場人物・キャラクター

主人公

私立舞島学園高校に通う高校生であり、ギャルゲーオタク。授業中であろうと必ず何かのゲームをしており、プレイしたソフトの数は5,000本以上。ギャルゲーでは10,000人以上のヒロインを攻略していることか... 関連ページ:桂木 桂馬

桂木桂馬と契約した駆け出しの悪魔。通称、エルシィ。桂木桂馬のパートナーとして、駆け魂の捕獲を行う。人間の世界に来てからは、桂木桂馬の妹として生活するように。また、私立舞島学園高等部に編入した。おでこを... 関連ページ:エリュシア・デ・ルート・イーマ

桂木桂馬と契約したエルシィの同期生で親友。駆け魂を封じるための組織・駆け魂隊の討伐隊極東支部第32地区長。紫色のストレートロングヘアでドクロの髪飾りを着けた少女で、巨大な鎌がトレードマーク。悪魔の世界... 関連ページ:ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム

桂木桂馬の幼なじみで舞島市立美里東高校に通う高校2年生。人と話すことが苦手で自己主張もほとんどしない。2つに結った髪を三つ編みにしてリング状に束ね大きなリボンを双方に着けている髪型をしている。小学校の... 関連ページ:鮎川 天理

ディアナ

鮎川天理の心の中に駆け魂と共に宿っていた女神。彼女が表に出てくると、鮎川天理の瞳の色が変化する。桂木桂馬と天理が付き合うように画策し、時には天理に代わってキスを迫るなど、強引な手段を取ることも。しかし、次第にディアナ自身も桂馬のことを好きになっていく。 性格は生真面目で、頭の回転が速い。

中川 かのん

私立舞島学園高等部に通う高校生。桂木桂馬の同級生にして現役のアイドル。仕事が多忙なため、ほとんど登校できていない。髪はピンク色で、黄色い大きなリボンを付けている。桂馬の攻略対象の1人。かつては地味な存在で、周囲からも忘れられがちだった。プライベートでは眼鏡をかけている。

私立舞島学園高等部の天文部部長。人に対して心を開かない性格で、いつも一人でいる。人形のルナが唯一の友達で、肌身離さず持っている。体格は小柄で、金髪でウェーブのかかったロングヘアが特徴。人と関わらないで... 関連ページ:九条 月夜

五位堂 結

私立舞島学園高等部に通う少女。自宅では和服を着るなど、古風な出で立ちが特徴。髪型はポニーテールにしている。駆け魂の影響により桂馬とお互いの体が入れ替わってしまう。その後桂木桂馬に攻略された。家庭では親から過保護に扱われており、そうした状況から自由になりたいと考えている。

汐宮 栞

私立舞島学園高等部の図書委員。頭の中で考えていることを口に出すことができない不器用な少女。上手く喋れないため本を黙々と読みふけるようになり、いつしか図書館を自分にとっての砦であると考えるようになった。本心では人と喋れるようになりたいと考えており、そこを駆け魂に狙われる。

高原 歩美

私立舞島学園高等部に通う桂木桂馬のクラスメイト。陸上部に所属しており、大会で優勝するほどの実力を持つ。しかし、タイムが伸びず思い悩んでいたところを駆け魂に狙われてしまう。明るい性格だが、桂馬に対しては厳しい。小阪ちひろとは小学校の時からの友達で、彼女と一緒にバンドを結成、ドラムを担当した。

私立舞島学園高等部の3年生。女子空手部の主将で、複数の男性を相手にしても簡単に勝ってしまう。実家は武術の道場を営んでおり、道場生からは「当主」と呼ばれている。硬派に見られがちだが、本当はかわいいものが... 関連ページ:春日 楠

私立舞島学園高等部に通う、桂木桂馬のクラスメイト。これといった特徴のない普通の人で、自分に自信がないため、恋に真剣になれないでいた。いつしか恋することを諦めるようになり、その心を駆け魂に狙われる。明る... 関連ページ:小阪 ちひろ

青山 美生

私立舞島学園高等部に通う女子生徒。社長令嬢だったが、父親の死をきっかけに貧乏な生活を送るようになる。見栄っ張りな性格と、死んだ父を忘れたくないという思いから、貧乏になってからも社長令嬢として振舞っている。しかし、父親を失ったことがいつしか心の隙間を生み、駆け魂に取り憑かれてしまう。

長瀬 純

鳴沢教育大学に通う大学生で、教育実習生として私立舞島学園高等部に赴任する。大のプロレス好きで情熱的な性格だが、高い理想を他人に押し付けがち。理想と現実のギャップを感じたことで、駆け魂に憑依され、桂木桂馬の攻略対象となった。桂馬の攻略対象の中では最年長。

生駒 みなみ

私立舞島学園中等部の生徒で、水泳部に所属。水泳の実力があるわけではなく、補欠に甘んじている。中学3年間を懸けた水泳が低い成績で終わってしまう悔しさが心の隙間となり、駆け魂が憑依した。桂木桂馬の攻略対象となった女子の中では最年少。塩素の影響で髪はバサバサになり、色も茶髪になっている。

日永 梨枝子

桂木桂馬の祖父・桂木伝馬家の近所に住む老婆。桂馬が伝馬のところに遊びに行った際に知り合う。友人が徐々にいなくなっていくことを寂しく思っており、そこを駆け魂に狙われる。桂馬は攻略せず、エルシィが駆け魂を説得する形で解決した。小柄で優しい雰囲気だが、幼いころは目が極端に大きい不気味な容姿だった。

上本 スミレ

小さなラーメン屋・上本屋の一人娘。甘い味のラーメンを開発しようと、研究のためラーメンを食べ歩いていたところ、桂木桂馬と知り合う。求める味の方向性が父親と違い、家族とのすれ違いが始める。その心の隙間に、駆け魂が取り憑いた。店ではチャイナドレスを着て切り盛りしている。

榛原 七香

舞島市立美里東高校に通う高校2年生で、鮎川天理のクラスメイト。プロ棋士を目標とする。負けず嫌いな性格で、将棋で負けそうになるだけで泣いてしまう。父親が大阪出身である影響で、関西弁で話す。ディアナに将棋で負けたことがきっかけで心の隙間が生まれ、駆け魂を身に宿した。

桂木 麻里

桂木桂馬の母親。喫茶店・カフェ・グランパの経営者でもある。元暴走族で、いつもは優しいが、一度怒ると手が付けられない。普段は髪を束ね眼鏡をかけているが、怒ると髪留めも眼鏡も取る。エルシィを夫の隠し子だと勘違いしており、面倒を見る形で同居。同居が始まってからは、エルシィを実の娘のようにかわいがっている。

春日楠の姉。本来は楠に代わって道場のあとを継ぐべき存在だったが、父親との対立が原因で家出し、海外に移住した。モデルや女優の仕事をしていたが、本当にやりたいことが見つからず、それが心の隙間へと発展、駆け... 関連ページ:春日 檜

『神のみぞ知るセカイ』の登場する、地獄から抜け出し、人間界へやって来た古えの悪魔の魂。人の悩みなどから生まれる心の隙間を住処としており、悩んだり苦しんだりしていると、どこからともなく現れる。駆け魂に取... 関連ページ:駆け魂

アニメ

神のみぞ知るセカイ

男子高校生の桂木桂馬は、恋愛シミュレーションゲームが得意。ある日、駆け出しの悪魔の少女に依頼され、人間の心の隙間に救う「駆け魂」を捕獲する契約をしてしまう。その方法とは、取り憑かれた人間を恋に落とすこ... 関連ページ:神のみぞ知るセカイ

神のみぞ知るセカイ 女神篇

男子高校生の桂木桂馬は、恋愛シミュレーションゲームが得意。悪魔の少女とともに人間の心の隙間に救う「駆け魂」を捕獲するため、次々と現実の少女たちを恋に落としてきた。その14人の少女たちの中から、天界の女... 関連ページ:神のみぞ知るセカイ 女神篇

神のみぞ知るセカイⅡ

ギャルゲー(恋愛シミュレーションゲーム)の攻略が得意な男子高校生桂木桂馬は、ある日冥界から来た駆け出しの悪魔エルシィにより地獄の契約を結ばされ、人の心のスキマに巣食う駆け魂狩りをすることになる。 実際... 関連ページ:神のみぞ知るセカイⅡ

書誌情報

神のみぞ知るセカイ 全26巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2008年7月発行、 978-4091214300)

第2巻

(2008年10月発行、 978-4091214973)

第3巻

(2009年1月発行、 978-4091215703)

第4巻

(2009年4月発行、 978-4091220042)

第5巻

(2009年7月発行、 978-4091217097)

第6巻

(2009年10月発行、 978-4091217882)

第7巻

(2010年1月発行、 978-4091221377)

第8巻

(2010年4月発行、 978-4091222664)

第9巻

(2010年6月発行、 978-4091223296)

第10巻

(2010年9月発行、 978-4091225221)

第11巻

(2010年12月発行、 978-4091226792)

第12巻

(2011年4月発行、 978-4091227928)

第13巻

(2011年6月発行、 978-4091231390)

第14巻

(2011年9月発行、 978-4091232373)

第15巻

(2011年12月発行、 978-4091234292)

第16巻

(2012年3月発行、 978-4091235633)

第17巻

(2012年7月発行、 978-4091236968)

第18巻

(2012年7月発行、 978-4091237101)

第19巻

(2012年10月発行、 978-4091238856)

第20巻

(2012年12月発行、 978-4091240378)

第21巻

(2013年4月発行、 978-4091241986)

第22巻

(2013年6月発行、 978-4091243218)

第23巻

(2013年9月発行、 978-4091243812)

第24巻

(2013年12月18日発行、 978-4091245113)

第25巻

(2014年3月発行、 978-4091245793)

第26巻

(2014年6月発行、 978-4091246660)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo