緑尾館のうるさい住人たち

緑尾館のうるさい住人たち

イギリスのとある学生寮を舞台に、そこで下宿生兼メイドとして生活するようになった留学生の少女と、伯爵家の跡継ぎの青年との恋愛を描いたラブロマンス作品。イギリス人の生活様式や気質、文化なども詳細に描かれている。小学館「デラックスベツコミ」2018年4月号増刊より連載開始。

正式名称
緑尾館のうるさい住人たち
ふりがな
りょくびかんのうるさいじゅうにんたち
作者
ジャンル
恋愛
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

19歳の大学生の前園小麦は、祖母の生まれ故郷であるイギリスの大学に留学する事になった。小麦は留学先のカレッジスクールの学生寮・緑美館の下宿生となり、同時に寮のメイドとしてアルバイトを始める。緑尾館には個性豊かな学生達が下宿していたが、その中の青年のひとり、アベルは、初めて出会った小麦に突然プロポーズする。アベルは緑美館の持ち主のバーリントン伯爵家の跡継ぎ息子であり、彼の両親と祖父との間の確執から取り壊しが予定されていた緑尾館を存続させるため、結婚相手を探していたのだった。戸惑う小麦だったが、アベルはそんな事情とは別に、本心から小麦に対して好意を抱いていた。また、小麦自身もアベルに惹かれ始め、二人は交際を始めるのだった。

SHARE
EC
Amazon
logo