老ウッダカ

老ウッダカ

百億の昼と千億の夜(漫画)の登場人物。読みは「ろううっだか」。

登場作品
百億の昼と千億の夜(漫画)
正式名称
老ウッダカ
ふりがな
ろううっだか
関連商品
Amazon 楽天

概要

釈迦国の王の側近。出家する悉達多太子を止めようと、悉達多を連れに来た4人の波羅門、目犍連、須菩提、摩訶迦葉、富楼那たちに問答を仕掛ける。

関連人物・キャラクター

シッタータ

釈迦国の太子。国を捨てて仏門に入り、世を救う者として目犍連、須菩提、摩訶迦葉、富楼那の四人の波羅門によって天上界に導かれる。しかし天上界には荒廃が及んでおり、兜卒天の首都トバツ市で謁見した梵天王から帝... 関連ページ:シッタータ

登場作品

百億の昼と千億の夜

アテナイの哲学者プラトンは、長年失われた大陸アトランティスについての研究を進めていた。ある時、アトランティスの子孫が住むというエルカシアの村を訪れたプラトンは、宗主によって自分自身がアトランティスの司... 関連ページ:百億の昼と千億の夜

SHARE
EC
Amazon
logo