胎児異変 わたしの赤ちゃん

胎児異変 わたしの赤ちゃん

公害、環境破壊が生物や人間社会に及ぼす影響を描いたホラー短編。

正式名称
胎児異変 わたしの赤ちゃん
作者
ジャンル
ホラー一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

怪奇作家梅木の妻が生んだのは、カエルのような姿をした不気味な赤ん坊だった。公害、環境破壊が生物、人間社会に及ぼす影響を描いたホラー短編。

登場人物・キャラクター

主人公

怪奇小説作家。妻が生んだ不気味な赤ん坊を、殺すように説得するが、妻の必死の反対に、諦めざるを得なくなる。事実を世間には隠し、嫌悪と恐怖のまなざしで家族との日々を過ごす。同時期、社会では公害や、環境破壊... 関連ページ:梅木

梅木の妻

カエルに似た不気味な赤ん坊を生む。夫の説得にも耳を貸さず、我が子を普通の赤ん坊のように育て始める。

梅木の子供

『胎児異変 わたしの赤ちゃん』に登場するキャラクター。梅木とその妻の間に生まれた赤ん坊。その姿は巨大なカエルのようで、人間を思わせるような特徴はまったくない。最初こそ母乳を飲んでいたが、成長するにしたがって、生肉、生きた動物と、人間離れしたものを好んで食すようになっていく。

産婦人科医

梅木夫婦を担当した産婦人科医。梅木の妻が生んだ不気味な赤ん坊を、一種の先祖返りではないかと予想する。そして、この赤ん坊は人間ではないので、殺しても殺人罪にはならないと梅木に申し出る。

SHARE
EC
Amazon
logo