舎脂

聖伝-RG VEDA-(漫画)の登場人物。読みは「しゃし」。帝釈天、阿修羅とは親族関係にある。

  • 舎脂
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
聖伝-RG VEDA-(漫画)
正式名称
舎脂
ふりがな
しゃし

総合スレッド

舎脂(聖伝-RG VEDA-)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

『聖伝-RG VEDA-』の登場人物で、阿修羅の母親。双子の姉迦羅とともに、阿修羅族の「神女(みこ)」として選ばれた人間の女性。天界に君臨し、神々さえも支配したいと考えた野心家で性格は残忍。阿修羅王の妃となったが、帝釈天と通じ阿修羅族を裏切り帝釈天の妻となっている。阿修羅天王の双子を生んでいるが、阿修羅を忌まわしい存在として殺そうとした。

黒く長い髪に白い肌、額には赤い宝石が埋め込まれている。

登場人物・キャラクター

天界の支配者である「天帝」と呼ばれる雷神。額に「天眼」と呼ばれる第三の目を持ち、身長以上の長さの白銀の髪が特徴。300年前に毘沙門天とともに謀反を起こし、先代の天帝を倒し即位した。徹底した粛清を行い、...
300年前に滅ぼされた守護闘神「阿修羅一族」最後の生き残りで、黄金の瞳と尖った耳を持つ阿修羅王の子。森の奥で脈打つ大木の中に赤子の姿で封印されていたが、夜叉王により封印が解かれた後、急速に成長する。無...

関連キーワード

『聖伝-RG VEDA-』の舞台である、神々の暮らす世界。帝釈天と毘沙門天を筆頭とする四天王によって恐怖政治が敷かれており、先帝に仕えていた神々も300年の長きに渡って忍従を強いられている。

登場作品

先帝を殺害し天界の支配者となった帝釈天の暴虐な治世が続く中、夜叉王は300年前帝釈天によって滅ぼされた阿修羅一族の遺児阿修羅を封印から解き放つ。夜叉王を反逆者と見なした帝釈天によって夜叉一族も滅ぼされ...