花菱 烈火

烈火の炎(テレビアニメ)の主人公。読みは「はなびし れっか」。紅麗とはライバル関係。紅麗、陽炎とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
烈火の炎(テレビアニメ)
正式名称
花菱 烈火
ふりがな
はなびし れっか

総合スレッド

花菱 烈火(烈火の炎)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

16歳の高校1年生。熱血漢の少年。忍者に強い興味をもつ。身体から炎を放出する能力をもっており、その力は戦国時代の忍者集団・火影忍軍に由来をもつ。後に、本人自身が戦国時代から時空を超えて現代へ送られた存在だと明かされ、陽炎紅麗との深い因縁を突きつけられることになる。

登場人物・キャラクター

烈火と同じ炎の使い手。400年前、火影忍軍の当主と側室の間に生まれた子で、烈火からみて異母兄にあたる。烈火が生まれたさい一族のなかで迫害を受けた過去があり、烈火を激しく恨んでいる。 影炎の使った時空を...
外見上は20代前半の女性。戦国時代から4世紀に及ぶ長い時を生きているくノ一。はじめは烈火の力を覚醒させるため戦いをしかけてくる謎の人物として現れたが、烈火の実の母親であること、時空を超える忍術で息子を...

関連キーワード

『烈火の炎』に登場する組織。戦国時代の忍者集団。火影の一族は身体から火炎を生成する能力をもっている。烈火は六代目の当主と陽炎の息子。

登場作品

身体から炎を生む力をもつ少年・花菱烈火の夢は忍者になること。ある日、鉄骨の落下事故で危険に陥った少女・佐古下柳を救ったさい、治癒能力というやはり常人にない秘密の力をもつ柳と心を通わせる。 烈火は彼女を...