菊地 鶴次郎

菊地 鶴次郎

弐十手物語(漫画)の主人公。読みは「きくち つるじろう」。別称、死に神鶴次郎。

登場作品
弐十手物語(漫画)
正式名称
菊地 鶴次郎
ふりがな
きくち つるじろう
別称
死に神鶴次郎
関連商品
Amazon 楽天

概要

最初は脇役だったが、途中から主役になった。十手者としてかかわった、愛する女性たちが、次々と死んだり行方不明になるという不幸を背負う。また、南町奉行所の定廻り同心を振り出しに、八丈島の島役・大坂東町奉行所の同心・公儀お庭番・吉原総名主・南町奉行など、数奇な人生を歩んだ。

その過程で得た、たくさんの愛する女性たちと共に、世の中を良くしようと奮闘する。

関連人物・キャラクター

鬼神のお松

菊地鶴次郎が、初めて惚れた女性。凶悪な女賊だったが、鶴次郎と愛し合うことで、人間の心を取り戻す。鶴次郎を叱咤激励しながら処刑された。 関連ページ:鬼神のお松

大岡越前守忠相

江戸の南町奉行。藤掛飯伍や菊地鶴次郎を活用して、江戸の治安を守る。情味豊かな性格だが、大局を見据えての行動から、非情の人と思われることもある。実在の人物である大岡越前守忠相がモデル。 関連ページ:大岡越前守忠相

関連キーワード

南町奉行所

徳川幕府が江戸に設置した役所。北町奉行所と輪番で、司法と行政を担当した。奉行の大岡越前守忠相を始め、定町廻り同心の藤掛飯伍や菊地鶴次郎など、主要登場人物の多くが所属していた。 関連ページ:南町奉行所

降り半纏

『弐十手物語』に登場する必殺技。着ている半纏や羽織を相手にかぶせ、視界と行動の自由を奪う。吉原で働く忘八者から、菊地鶴次郎が教わり、大いに活用した。 関連ページ:降り半纏

登場作品

弐十手物語

徳川八代将軍徳川吉宗の治世。南町奉行の大岡越前守の下には、藤掛飯伍や菊地鶴次郎といった、個性的な定町廻り同心がいた。将軍家ご落胤を騙った天一坊事件などで活躍した飯伍だが、途中から脇役になり、鶴次郎が主... 関連ページ:弐十手物語

SHARE
EC
Amazon
logo