乾いて候

父親である八代将軍徳川吉宗の毒味唇役(毒見役)となった腕下主丞は毒全般の知識と剣の腕により、敵対勢力が送り込んできた刺客を、次々と討ち果たしていく。原作小池一夫。連載当初は『唇役主丞 乾いて候』というタイトルであった。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
乾いて候
原作
作画
ジャンル
時代劇
レーベル
道草文庫(スタジオ・シップ) / キング シリーズ(小池書院)

総合スレッド

乾いて候(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

正流(乾いて候)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35
甲賀 百苦斎(乾いて候)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:35

新着関連スレッドもっとみる

概要

徳川幕府の八代将軍となった「#徳川吉宗」は、自分の息子の腕下主丞江戸に呼び寄せる。美貌の持ち主で剣の腕も立ち、さらには毒全般に通じた主丞は、将軍の食事や性交の前に毒見をする毒味唇役になる。しかし権力志向の強い父親に複雑な思いを抱いている主丞の心は乾いていた。それでも天下を望み、執拗に刺客を送り込む尾張藩主の尾張継友から吉宗を守り、暗闘を繰り広げる主丞

彼は、ついに継友を斬り殺し、一連の騒動にケリを着ける。以後も、江戸城の既存勢力や将軍家の菩提寺などと闘い、父親の為政を助ける。その過程で、くノ一の風鬼子、鉄砲使いの霞の霰、剣の使い手の大岡管を妻として、主丞の心の乾きは癒されていく。

登場人物・キャラクター

主人公
徳川八代将軍徳川吉宗が紀州藩の少年時代に愛した女性との間に生まれた人物。亡き母親の願いに応えて、父親のために食事と女性の毒味を引き受ける毒味唇役となる。また、将軍のために食事を作ることもある。当初は父...
徳川幕府の八代将軍。紀州藩藩主の四男だったが、父親と兄二人の死により、紀州藩の第五代藩主となった。さらに八代将軍に指名されると、これを受諾。しかし将軍の座を狙っていた尾張藩主の「#尾張継友」や、既存勢...
紀州藩時代からの徳川吉宗の臣下。腕下主丞と並んで、吉宗が信頼する人物。吉宗の八代将軍就任に伴い、江戸に出府して、南町奉行となる。実在の人物である大岡忠相がモデル。
第六代尾張藩主。徳川吉宗を狙い、執拗に刺客を送り込むも、腕下主丞によって、ことごとく阻まれた。逆襲に転じた主丞によって、斬り殺される。実在の人物である徳川継友がモデル。
徳川幕府の六代将軍徳川家宣の正室。家宣亡き後、落飾して天英院と称した。八代将軍の座を巡り、尾張藩と手を組んでいたが、腕下主丞に籠絡される。実在の人物である天英院がモデル。
尾張藩に雇われた飯母呂くノ一。母親の黒髪を斬った腕下主丞を仇と狙う。十三歳という幼さを武器としたが敗北。主丞に抱かれて妻となり、以後、行動を共にした。
銃術正流を唯一受け継ぐ、短筒の名手。霞の縄次の娘。顔に醜い傷跡がある。尾張藩の刺客として、三度、腕下主丞と闘うも敗北。主丞の妻になり、以後、行動を共にする。
大岡越前守忠相の腹違いの妹。幼い頃より腕下主丞と共に剣の修行をし、また、男女の仲になった。天竺僧の妖術に操られ主丞を襲ったが、愛の力によってこれを破った。以後、主丞の妻となり、行動を共にする。
後一歳で百九歳になるという、尾張藩の古老。八門遁甲の陣や押嫉妬の術など、数々の策を弄して腕下主丞の命を狙うが、斬り殺される。

場所

徳川幕府の将軍が暮らす江戸城がある。江戸時代の日本の首都。腕下主丞は、江戸の各地で死闘を繰り広げた。

その他キーワード

『乾いて候』に登場する技。腕下主丞が使う、剣の流派。一流が打ち立てられているわけではなく、彼がそう自称しているだけと思われる。主丞は、死体の始末を嫌っており、深手を与えることで、相手が退くように仕向け...
『乾いて候』に登場する技。霞の霰が父親の霞の縄次から受け継いだ銃術。霞流とも呼ばれる。霞の縄次は、闇夜の狙撃を得意としたという。
『乾いて候』で使われた策。中国の占術八門遁甲(奇門遁甲)に由来する戦法。八ヶ所に人数を伏せ、敵の逃げ道を塞ぐ鉄壁の布陣。甲賀百苦斎が腕下主丞一行に対して使ったが、主丞たちはこれを斬りぬけている。
『乾いて候』で使われた策。甲賀百苦斎が風鬼子と霞の霰を仲違いさせ、その隙を突いて腕下主丞を殺そうとする。だが、主丞に見抜かれ、逆に斬り殺された。