蒲生 氏郷

へうげもの(漫画)の登場人物。伊達政宗とはライバル関係。織田信長とは親族関係にある。

  • 蒲生 氏郷
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
へうげもの(漫画)
正式名称
蒲生 氏郷

総合スレッド

蒲生 氏郷(へうげもの)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

古田織部と同様に、千利休の弟子のひとり。数寄仲間の高山右近ほど南蛮文化にかぶれてはいないが、彼もまたキリシタン大名として名が知られていた。織田信長の娘婿ということもあり、信長の死後も強い敬愛の念を示している。領地争いをしている伊達政宗とは犬猿の仲。

同時代の実在人物・蒲生氏郷がモデルとなっている。

登場人物・キャラクター

奥羽を治める隻眼の戦国大名。「Date」と「Dragon」の頭文字である「D」の刺繍が入った眼帯を身に付けている。東北の田舎者であるため、上方の大名になめられないよう、独自の美意識に基づいた振る舞いを...
時の将軍である足利義昭を奉じて上洛し、一躍天下人となった戦国大名。豪華絢爛な芸術文化を好んでおり、南蛮の服やマント、さらに耳にはピアスを付けている。独自の美意識は、古田左介をはじめとする多くの数寄者に...
天下人となった豊臣秀吉の筆頭茶頭を務める稀代のである茶人にして数寄者。徹底して虚飾を廃して簡素を極めたわびを至上の美としている。古田左介をはじめとする多くの戦国武将を弟子として抱えており、ストイックに...
古田左介の妹を娶っており、左介にとっては気心の知れた義弟にあたる。千利休の弟子のひとりで、戦国時代においてはキリシタン大名として名が知られていた。そのため南蛮文化に造詣が深く、身の回りの調度品も舶来の...

登場作品

時は戦国乱世。織田信長が今まさに天下を獲らんとするその陰で、茶の湯と物欲に魂を奪われたひとりの武将がいた。のちに数奇者として天下に名を轟かせる古田左介(後の古田織部)である。出世欲と物欲、ふたつの「欲...