藤子

超訳百人一首 うた恋い。(漫画)の登場人物。読みは「ふじこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
超訳百人一首 うた恋い。(漫画)
正式名称
藤子
ふりがな
ふじこ

総合スレッド

藤子(超訳百人一首 うた恋い。)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

左目の下に泣きぼくろのある女性。紫式部の幼馴染で親友。彼女を「香」と呼ぶ。幼い頃、女だてらに漢詩を学んで男性達から蔑まれていた紫式部を唯一認めていた。地方官に嫁いで京を離れたが、夫の任期が終わった際に一度だけ紫式部と邂逅する。その際に紫式部が詠んだ歌が、後に藤原定家が編纂した百人一首の57番となった。

登場作品

藤原定家は、親戚の宇都宮頼綱の別荘の障子を飾る色紙形に記される歌の選定を任される。これがのちの百人一首となった。歌に込められた詠み人達の恋が展開されていく。