藤島 美津華

藤島 美津華

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生(漫画)の主人公。読みは「ふじしま みつか」。別称、カーミィ。

概要

自己顕示欲が非常に強く、有名になるためなら手段は選ばないつもりでいる35歳の女性。自身のバンドでピチカート・ファイブのカバーなどを歌いながら、一般企業でテレフォンオペレーターの仕事をして生計を立てている。歌手として成功するためにキクイケ中村に接近し、関係を持つ。

シュウケンコージとは学生時代からの友人で、密かにコージのことを想っていた。キクイケの子を身ごもってからは歌手の道を捨て、シングルマザーとして子育てをしながら手作りミトンのブランドを立ち上げる傍ら、インターネットを通じて反原発運動などを行うようになる。

関連人物・キャラクター

中村

カフェ運営の傍ら、インディー音楽レーベルの社長を務める男性。ケンの劇団のメンバーと知り合いだったことがきっかけでカーミィと出会い、身体を要求する。その見返りとして、自身の運営するカフェの店内BGM用CDでカーミィをデビューさせる。

登場作品

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

歌手志望の35歳の女性・カーミィが、「有名になる」という目標を達成するためだけになりふり構わず生きる様子を描く。実在のアーティストや雑誌の固有名詞、それらのパロディネタが多数登場する。 関連ページ:カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
logo