藤村 甲子園

藤村 甲子園

男どアホウ甲子園(漫画)の主人公。読みは「ふじむら こうしえん」。

登場作品
男どアホウ甲子園(漫画)
正式名称
藤村 甲子園
ふりがな
ふじむら こうしえん
関連商品
Amazon 楽天

概要

南波高校野球部投手、背番号1。東京大学野球部投手、背番号1。阪神タイガース投手、背番号111。左投左打。昭和29年5月5日、甲子園球場の隣の藤村家に長男として誕生。甲子園球場と阪神タイガースをこよなく愛する祖父・藤村球之進にその名を命名された甲子園球場の申し子。

南波高校に入学し、豆タンこと捕手・岩風五郎と出会い、黄金バッテリーとなる。だが、南波高校野球部は不良の吹きだまりで、そこでは恒常的な賭博野球が行われていた。学生右翼同盟を率いるヤクザの息子・丹波左文字と全国番長連盟を率いる東海の竜こと神島竜矢、その両陣営との激しい抗争を繰り広げながら、人間的魅力で信頼を勝ち取り、新生南波高校野球部を誕生させる。

壮絶な闘いを繰り広げながら、念願の甲子園大会での優勝、そして東京六大学野球での優勝を経て、あこがれの虎の縦縞ユニフォームを着て、幼い頃からの宿敵・読売ジャイアンツの長島茂雄と対決する。

関連人物・キャラクター

朝野あゆみ

藤村甲子園の剛球一直線を愛する女。その剛球のためなら長い黒髪も切り落とし、辱めに屈することにも耐える。藤村甲子園の中学時代からの憧れの女性。だが、藤村甲子園の前では、藤村甲子園のライバル・池畑三四郎に... 関連ページ:朝野あゆみ

登場作品

男どアホウ甲子園

高校野球のメッカ、そしてプロ野球セントラルリーグ阪神タイガースの本拠地である大マンモス球場・阪神甲子園球場。その球場の名を持つ藤村甲子園が少年期、高校、大学、プロ野球と成長を重ね、個性豊かなライバル達... 関連ページ:男どアホウ甲子園

SHARE
EC
Amazon
logo