藤田 玲司

藤田 玲司

ギャラリーフェイク(漫画)の主人公。読みは「ふじた れいじ」。別称、フジタ。

登場作品
ギャラリーフェイク(漫画)
正式名称
藤田 玲司
ふりがな
ふじた れいじ
別称
フジタ
別称
レイジ
別称
レイ
関連商品
Amazon 楽天

概要

30代後半と見られる中年男。美術に関する尋常でない知識と人並み外れた観察力、そして神技に近い絵画修復技能を持つ。表向きは贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクの経営者で画商だが、裏では犯罪組織・闇社会と通じ、盗品や税金逃れが目的の正規に扱えない真作を法外な値段で売る画商として美術界の鼻つまみ者とされる存在。

美大生時代、主としてヨーロッパを回る無銭旅行を行い、見識を高めた。そのため語学は堪能で、世界中を駆け巡る。彼の父は、贋作作成者として仲間の罪を着せられ、画壇を追われた日本画家藤田東湖。彼自身も知識と観察眼の鋭さで、ニューヨークのメトロポリタン美術館の敏腕キュレーター(学芸員)として名を馳せたが、同僚の陰謀で退職に追い込まれた過去がある。

日本に戻ってから、悪徳画商菱沼棋一郎のもとで日本画の修復や裏商売の方法を学んだが、その手口の悪質さから袂を分かった。そういった過去から、権威主義的で古い慣習にとらわれ、権力者におもねる美術界を嫌っている。また審美眼を持たず美を愛する心もなく、私利私欲の道具として美術品を求める者を軽蔑し、決して本物を渡さない。

だが、美を理解すると認めた相手には、信じられない程安価な金額で譲る。一流の仕事をする人間には、見返り以上の援助を惜しまず、迫害があれば守ろうと力を尽くす。工芸品は、ふさわしい人間に使われるのが望ましいという持論があり、国家が保護し展示のみになってしまうことを嫌悪し、国宝Gメンの知念護人と対立する。

金はあるのに好んで一間の風呂なし安アパートに住み、パチンコを愛する。体力が全く無く、腰痛の持病に苦しむことも。カニが大好物で、誕生日は蟹座の6月22日。女性関係は多いが、押しかけ助手のサラ・ハリファには手を出していない。高田美術館館長の三田村小夜子に好意を寄せているが、関係には至っていない。

関連人物・キャラクター

三田村小夜子

美人で才媛、気が強くて生真面目。29歳。エール大学卒業後、ニューヨーク近代美術館キュレーターを経て、高田美術館の館長に就任する。日本の権威主義的な美術行政や学会、閉鎖的な市場、作品の真贋問題を明確にし... 関連ページ:三田村小夜子

関連キーワード

ギャラリーフェイク

東京のウォーターフロントにある、藤田玲司がオーナーのアートギャラリー。「贋作・レプリカ専門ギャラリー」が表向きの顔で、裏では盗品、マネーロンダリング用、税金のがれの品物といった「真作」を扱っており、闇... 関連ページ:ギャラリーフェイク

登場作品

ギャラリーフェイク

藤田玲司は、贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクのオーナー。彼は美術に関する尋常でない知識と観察力、そして天才的な絵画修復技能を持つ男だが、裏では闇社会と通じ、盗品などの正規に扱えない真作を法外... 関連ページ:ギャラリーフェイク

SHARE
EC
Amazon
logo