細野 不二彦

細野 不二彦

正式名称
細野 不二彦
ふりがな
ほその ふじひこ
血液型
O
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本の漫画家。男性。高校時代から漫画を描き、投稿を繰り返すが採用されなかった。大学に進学するも、同時にデザイン事務所でイラストレーションを描く。1979年「マンガ少年」で、高千穂遙原作『クラッシャージョウ』の作画を担当。漫画家デビューとなる。1980年「増刊少年サンデー」に『さすがの猿飛』を連載。ヒットとなり、1982年にはテレビアニメ化された。「週刊少年サンデー」に連載した『Gu-Guガンモ』も好評で、テレビアニメ化されるヒット作となった。1983年には「ビッグコミックスピリッツ」に『あどりぶシネ倶楽部』を連載。青年誌への進出を果たす。1992年「週刊ヤングサンデー」に、ボクシングを題材にした『太郎』を、1994年には「ビッグコミックスピリッツ」に『ギャラリーフェイク』を連載。どちらも高く評価され、1995年に同2作で、第41回小学館漫画賞を受賞した。近年は、2017年「ビッグコミック」に『バディドッグ』を、「月刊ヒーローズ」に『さすがの猿飛G』を連載する。

ヒストリー

1959年12月2日

東京都大田区に生まれる。

1979年

「マンガ少年」から、『クラッシャージョウ』(原作:高千穂遙)でデビュー。

1980年

「増刊少年サンデー」に『さすがの猿飛』を連載。ヒット作となる。

1982年10月17日

『さすがの猿飛』がテレビアニメ化。フジテレビ系列で放映される。

1982年

「週刊少年サンデー」に『Gu-Guガンモ』を連載。好評を博す。

1984年3月18日

『Gu-Guガンモ』がテレビアニメ化。フジテレビ系列で放映される。

1992年

「週刊ヤングサンデー」にて『太郎』の連載を開始。

1994年

「ビッグコミックスピリッツ」にて『ギャラリーフェイク』の連載を開始。

1995年

『ギャラリーフェイク』『太郎』で、第41回小学館漫画賞(青年一般部門)受賞。

2005年1月8日

『ギャラリーフェイク』がテレビアニメ化。テレビ東京などで放映される。

受賞

1995年

第41回  小学館漫画賞/『ギャラリーフェイク』『太郎』  青年一般部門

作品

1979年

クラッシャージョウ

作画

1980年

さすがの猿飛

作者

1981年

どっきりドクター

作者

1982年

Gu-Guガンモ

作者

1985年

東京探偵団

作者

1985年

青空ふろっぴぃ

作者

1987年

I'mナム

作者

1987年

ママ

作者

1988年

うにばーしてぃBOYS

作者

1988年

BLOW UP!

作者

1989年

りざべーしょんプリーズ

作者

1991年

愛しのバットマン

作者

愛しのバットマンRETURNS

作者

1992年

太郎

作者

1994年

ギャラリーフェイク

作者

ギャラリーフェイクANNEX

作者

2003年

ダブル・フェイス

作者

2003年

ヤミの乱破

作者

2006年

電波の城

作者

2014年

ヒメタク

作者

2014年

いちまつ捕物帳

作者

2014年

商人道

作者

2016年

タトゥーあり

作者

2017年

バディドッグ

作者

2017年

さすがの猿飛G

作者

関連キーワード

高田 裕三

日本の漫画家。 関連ページ:高田 裕三

一色 登希彦

日本の漫画家。 関連ページ:一色 登希彦

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
高田 裕三
一色 登希彦
logo