蛍火の杜へ

蛍火の杜へ

妖怪達が住むという森を舞台に、この世のものではない少年ギンと、少女・竹川蛍の交流を叙情的に描いたファンタジー短編作品。『蛍火の杜へ』、『蛍火の杜へ 特別編』の2編が発表され、短編集『蛍火の杜へ』に収録されている。

正式名称
蛍火の杜へ
作者
ジャンル
妖怪、お化け
関連商品
Amazon 楽天

概要

6歳の少女(竹川蛍)は、夏に田舎の祖父(おじいちゃん)の家で過ごしていた。妖怪が出るという山神の森で迷子になって泣いていたところを、ギンという狐の面をした少年に助けてもらう。彼はこの森に住み、人に触れられると消えてしまうという。ギンを慕うは、毎年夏になると山神の森を訪れ、ギンと過ごしていた。

年を重ねるたびにの目線はギンに近づいていくが、ギンは出会った頃と姿は変わらない。ギンは互いに夏を待ちきれなくなり、触れたいと思うようになる。

登場人物・キャラクター

主人公

ショートヘアーの少女。初登場時6歳。祖父が住む田舎にある山神の森で迷子になっていた時にギンと出会い、助けてもらう。以来、触れると消えてしまうというギンを慕い、毎年夏になると山神の森を訪れる。高校生にな... 関連ページ:竹川 蛍

少年の姿をしている。狐の面をつけているが、時折素顔を見せる。6歳の蛍(竹川蛍)が山神の森で迷子になっていたところを助け、以来夏になるとこの森を訪れる蛍と交流を重ね、彼女を想うようになる。年を重ねても姿... 関連ページ:ギン

蛍(竹川蛍)の祖父。幼い頃妖怪に会いたくて山神の森で遊んだことや、友人の岩ちゃん達がこの森に迷い込んで夏祭りで遊んだということを蛍に教える。 関連ページ:おじいちゃん

蛍(竹川蛍)の祖父(おじいちゃん)の友人で、おじいちゃんの話に登場する。幼い頃、山神の森で開かれた夏祭りで遊んだといい、村では妖怪達の夏祭りに迷い込んだと大騒ぎになった。 関連ページ:岩ちゃん

中学生になった蛍(竹川蛍)の同級生と思われる。蛍を「竹川」と呼ぶ。登校の途中、足元の氷が危ないと蛍の手を取る。蛍に好意がある様子。 関連ページ:少年

ギンと蛍(竹川蛍)が訪れた妖怪達の夏祭りに現れた少年。迷い込んだと思われる。 関連ページ:男の子

『蛍火の杜へ』に登場するこの世のものではない者達の総称。山神の森に住み、きつねや松蓑など様々な姿の者達がいて、みなギンを慕っている。夏になると人間の真似をして妖怪達の夏祭りを開き遊んでいる。 関連ページ:妖怪

山神の森に住む妖怪の1人。山神の森を歩くギンと蛍(竹川蛍)の前に、全身が黒い物の怪の姿で現れる。蛍を脅かすが、彼女は妖怪をはじめて見たと喜ぶ。 関連ページ:きつね

『蛍火の杜へ』に登場する神。ギン達の会話に登場する。山神の森に住むギンや妖怪達からは「山神様」と呼ばれている。ギンはこの神によって姿を保っている。 関連ページ:山神

『蛍火の杜へ』に登場する妖怪。巨体で全身が長い毛に覆われた獣の姿をしている。岩神の柿を蛍(竹川蛍)に食べさせたいと願うギンのために動こうとする。 関連ページ:松蓑

イベント・出来事

妖怪達の夏祭り

『蛍火の杜へ』に登場する行事。山神の森に住む妖怪達が、人の真似をして遊ぶ祭り。人間の夏祭りと同じように、お囃子が鳴り屋台が開かれている。ギンは蛍(竹川蛍)を誘って訪れる。人も時々迷い込んでくる。 関連ページ:妖怪達の夏祭り

その他キーワード

『蛍火の杜へ』に登場する玩具。ギンがつけている狐を模った玩具のお面。ギンはほとんどこれを付けて過ごしている。ギンは人間に触れられると消えてしまうが、このお面は蛍(竹川蛍)も触ることができる。 関連ページ:

岩神の柿

『蛍火の杜へ』に登場する果物。『蛍火の杜へ 特別編』に登場する。山神の森のある山の中で1番の美味と言われている。ギンはこの柿を蛍(竹川蛍)に食べさせたいと思い、妖怪達と手を尽くす。 関連ページ:岩神の柿

SHARE
EC
Amazon
logo