蜂須賀 彦右衛門

豊臣秀吉 異本太閤記(漫画)の登場人物。読みは「はちすか ひこえもん」。別称、蜂須賀小六。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
豊臣秀吉 異本太閤記(漫画)
正式名称
蜂須賀 彦右衛門
ふりがな
はちすか ひこえもん
別称
蜂須賀小六

総合スレッド

蜂須賀 彦右衛門(豊臣秀吉 異本太閤記)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

実在の歴史上の人物蜂須賀正勝がモデル。美濃から西三河まで勢力を伸ばす野武士の頭。日吉(後の豊臣秀吉)の知恵と立志を見込んで血盟の杯を交わす。日吉が元服して木下藤吉郎と名乗るまでの2年間、武芸を仕込む。後に竹中半兵衛らと共に豊臣秀吉の片腕となった。

登場作品

応仁の乱後の弱肉強食の戦国時代。天文5年正月元旦、尾張の足軽木下弥右衛門に、1人の男子が生まれた。日吉と名付けられたその子は、三河で僧の随風(後の天海)に天下取りの人相見を受ける。元服後、日吉は木下藤...