上京ものがたり

上京ものがたり

田舎から上京した少女が漫画家になるまでの成長を描いた西原理恵子の自伝的漫画。

正式名称
上京ものがたり
作者
ジャンル
セミドキュメンタリー、半自伝
レーベル
小学館
関連商品
Amazon 楽天

概要

田舎から1人で上京してきた少女が、ミニスカパブのアルバイトなどを経て、やがて漫画家として成功するまでを描く。『女の子ものがたり』の続編であり、『営業ものがたり』に続く、作者・西原理恵子の自伝的漫画。『毎日かあさん』とともに第9回手塚治虫文化賞短編賞を受賞(2005年)。

登場人物・キャラクター

あたし

美大に通うため、田舎から1人で上京する。居酒屋やコンパニオンの仕事を経て、新宿歌舞伎町のミニスカパブの仕事に就く。寂しがり屋で、無職の彼氏とだらだらと同棲を続ける。やがてイラストや漫画の仕事が認められるようになり、作家としての仕事にやりがいを見出す。

彼氏

主人公の彼氏。優しい性格だが、無職で働く気もないダメ男。働く気がないことを主人公に責められ、度々喧嘩をする。

店長

主人公のアルバイト先である歌舞伎町のミニスカパブの店長。従業員を「バカ女」呼ばわりする傲慢な男。主人公をはじめ店の女の子に嫌われている。

葉美

新宿歌舞伎町のミニスカパブに勤める女性。主人公の同僚。スタイルがよい清楚な美人。国立大に通っており、劇団員でもある。

SHARE
EC
Amazon
logo