角兵衛獅子の娘

角兵衛獅子の娘

あさぎ色の伝説(漫画)の登場人物。読みは「かくべえじしのむすめ」。

登場作品
あさぎ色の伝説(漫画)
正式名称
角兵衛獅子の娘
ふりがな
かくべえじしのむすめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

月夜に5人の男に追われていたところを、土方歳三によって救われた少女。愛想はいいが、まったくしゃべらない。しかしその眼を覗き込んだ者は、昔の忘れ去った情熱や激情を掘り起こされ暴走する。それに気が付いた土方は、闇の中で少女を斬ろうとするが果たせず逃げられる。去り際に少女がバチで指示したのは「西」であり、土方には京都で自分の運命が変わるということを暗示しているかのように思えた。

登場作品

あさぎ色の伝説

江戸にある天然理心流の剣術道場試衛館。そこでは道場主近藤勇の下、沖田総司や多くの門弟、食客たちが研鑽を積んでいた。だが、攘夷思想や討幕運動によって世の中は不穏な空気を見せていた。時代の波に押されるかの... 関連ページ:あさぎ色の伝説

SHARE
EC
Amazon
logo