賀茂 水仙

ギャラリーフェイク(漫画)の登場人物。読みは「かも すいせん」。

  • 賀茂 水仙
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギャラリーフェイク(漫画)
正式名称
賀茂 水仙
ふりがな
かも すいせん

総合スレッド

賀茂 水仙(ギャラリーフェイク)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

当代一流の茶人で、日本の伝統文化にも詳しく、茶道のみならず書道や香道のエピソードの際にも登場する。禿頭で、長く白い眉毛と細い目の、いかにも人格者の老人といった外見。三田村小夜子のお茶の師匠として、「傷ついた「ひまわり」」後編に初登場。藤田玲司を悪徳画商として懲らしめようとしたが、その鑑識眼に驚いて力を認める。

藤田も良い茶器などが出ると、水仙に優先して売るようになる。

登場人物・キャラクター

30代後半と見られる中年男。美術に関する尋常でない知識と人並み外れた観察力、そして神技に近い絵画修復技能を持つ。表向きは贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクの経営者で画商だが、裏では犯罪組織・闇...
美人で才媛、気が強くて生真面目。29歳。エール大学卒業後、ニューヨーク近代美術館キュレーターを経て、高田美術館の館長に就任する。日本の権威主義的な美術行政や学会、閉鎖的な市場、作品の真贋問題を明確にし...

登場作品

藤田玲司は、贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクのオーナー。彼は美術に関する尋常でない知識と観察力、そして天才的な絵画修復技能を持つ男だが、裏では闇社会と通じ、盗品などの正規に扱えない真作を法外...